パソコンを安く買う方法8選!中古やクーポンだけじゃないコツも紹介

パソコンを安く買いたいけど、どうすれば分からないという方の為に記事を書きました。

まず真っ先に思いつくのが中古パソコンを購入する方法ですが、それ以外にも新品を安く買う方法としてクーポンを利用するなどもあります。

またデスクトップやノートパソコンにという種類の違い、lenovo、nec、富士通などのメーカーの違い、ヤマダ電機などの家電量販店かネット通販でも価格は変わってきます。

パソコンが安くなる時期やタイミングもあるので覚えておくと良いでしょう。

この記事ではパソコンを安く買う方法やコツを紹介していきます。

僕は中古パソコンを激安価格で買いました。

パソコンを安く買う方法8選

パソコンを安く買う方法やコツを7つ紹介します。

①は中古パソコンですが、②~⑧は新品パソコンを購入できます。

とにかく安いパソコンが欲しい方は①の中古パソコンを、新品パソコンを安く買いたい方は②~⑧をご覧ください。

  1. 中古|最も安いのは中古パソコン!でも買う場所に注意
  2. クーポン|メーカーパソコンや家電量販店での購入金額を割引
  3. キャンペーン|パソコン0円や学割
  4. セール|時期で安くなる年末年始や型落ちのアウトレットなど
  5. ポイント還元|実質価格を安くする
  6. 安いメーカー|国内よりも外資系メーカーが安い
  7. 安い店や場所|家電量販店よりもネット
  8. 自作パソコン|超高スペックなら安くなる

中古パソコンやクーポンなどの割引を利用する以外にも、パソコンが安くなる条件が存在します。

安くなる割合の大きさや手間のかかり具合は違ってきます。またどれか一つの方法で安くするのではなく、複合して安くできる場合だってあります。

注意:新品パソコンについて
セール品のアウトレットは、一部に完全新品ではない場合もあります。

それでは、今回紹介するパソコンを安くする方法の詳細を、以下より解説しますね。

【1】中古|最も安いのは中古パソコン!でも買う場所に注意

中古パソコンの型落ち品なら激安もあります。ですが購入する場所により特徴が違います。

在庫が少なかったり保証がなかったりする店舗もあるので、購入する場所を間違えないようにしましょう。

まず中古パソコンが売っている場所は、中古パソコン専門ショップ、リサイクルショップ、家電量販店、メルカリ・ヤフオク・ジモティーなどの個人売買があります。

店舗名 在庫 保証
中古パソコン専門ショップ 多い ある
リサイクルショップ 少ない 店による
家電量販店 少ない ある
個人売買 普通 ない

まず中古パソコンというのは新品以上に保証にはシビアになる必要があります。もし付いていないと初期不良で動かなかったとしても返品は出来ません。

そして新品と違い一品ものの場合もあるので、探しているスペックのパソコンが必ずあるとは言えません。なので在庫数が多い店舗を選ぶ必要がります。

中古パソコン専門ショップなら、安いのはもちろん動作チェックもしていますし保証も付いています。買うなら専門ショップが良いでしょう。

ただし専門ショップといってもピンキリですので、どこで買うのが良いのか迷ってしまします。おすすめの7ショップをまとめたので、以下の記事を参考にしてみてください。

【2】クーポン|メーカーパソコンや家電量販店での購入金額を割引

安くするなら割引を利用するのが基本中の基本でしょう。最大〇〇%、〇〇円引きなどといったものがクーポンです。

HPや富士通といったメーカーのパソコンが安くなったり、ビックカメラやエディオンといった家電量販店でパソコンを購入する際に割聞き価格で購入できます。

使うだけで割引になるクーポンですが、使用条件があったり、使用回数に上限があったり、日時が限定されていたりするので注意してください。

10万円以上の商品購入で5%OFF、先着1000名にクーポン配布などです。

クーポンを発行しているメーカーや店舗の一覧を紹介します。

メーカー
  • HP(ヒューレットパッカード)
  • 富士通
  • NEC
  • DELL(デル)
  • 東芝
  • lenovo(レノボ)
  • エプソン
  • ソニー

家電量販店
  • ビックカメラ
  • エディオン
  • ヤマダ電機

BTOショップ
  • ドスパラ
  • マウス

大手ネット通販
  • Amazon
  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング

個人売買
  • メルカリ
  • ヤフオク
  • ラクマ

【3】キャンペーン|パソコン0円や学割

キャンペーンの種類は店舗やメーカーによって様々なものがあります。

大きく分けると、光回線などに契約するとパソコンが0円になるもの、ヨドバシやパソコン工房といった販売店やHPや東芝といったメーカー独自のキャンペーンの2つがあります。

  • パソコン0円キャンペーン
  • 販売店やメーカー独自のキャンペーン(学割、下取り・買い替えなど)

それぞれについて詳しく解説していきます。

パソコン0円キャンペーン

インターネット回線に契約すると、パソコンがもらえるというキャンペーンです。無料でパソコンが手に入ります。ドコモやソフトバンクなどの各社が提供しています。

また0円キャンペーンをやっていなくても、現金のキャッシュバックをやっている会社もあるので、そのお金でパソコンを購入すればかなり安く買えますね。

ネット回線の契約や乗り換えを考えている方は、パソコン0円キャンペーンまたはキャッシュバックキャンペーンを利用しない手はないです。

ただし代理店によって内容が違ったりキャンペーン期間があったりするので、申し込み前に確認しましょう。

パソコン0円キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンをやっている会社を一覧にしたのでご覧ください。

パソコンがもらえる光回線
  • フレッツ光

キャッシュバックがある光回線
  • auひかり
  • ドコモ光
  • SoftBanku光
  • NURO光
  • ビッグローブ光
  • DTI光
  • @nifty光
  • So-net光プラス
  • OCN光
  • ぷらら光

キャッシュバックがあるモバイル回線
  • WiMAX
  • SoftBanku Air

販売店やメーカー独自のキャンペーン(学割、下取り・買い替えなど)

パソコンの販売店やメーカーによってはキャンペーンをやっている場合があります。

主な内容としては、学生割引キャンペーン、下取り・買い替えキャンペーン、ポイント還元キャンペーン、パソコンプレゼントキャンペーンなどです。

キャンペーンの一例
  • 学生割引キャンペーン
  • 下取り・買い替えキャンペーン
  • ポイント還元キャンペーン
  • 下取り・買い替えキャンペーン
  • パソコンプレゼントキャンペーン
  • などなど

やっている内容や時期は販売店によって変わるので、気になるキャンペーンを見つけたら参加するのがチャンスを逃さないですよ。

メルマガやLINEをやっている販売店やメーカーがあれば登録する事で、キャンペーン情報をいち早くゲットできます。

以下でキャンペーンをやっている販売店やメーカーを紹介します。

家電量販店
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシ
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • コジマ
  • ジョーシン
  • ビックカメラ

BTOショップ
  • パソコン工房
  • マウス

メーカー
  • 富士通
  • 東芝
  • レノボ
  • dell
  • hp
  • lenovo
  • nec
  • パナソニック
  • ソニー
  • マイクロソフト
  • msi
  • vaio

【4】セール|時期で安くなる年末年始や型落ちのアウトレットなど

お正月、年末、夏のボーナス時、決算期などの時期に値下げを行うセールと、楽天スーパーセールのポイント還元やAmazonタイムセールやプライムデーの大幅割引などがあります。

  • 時期によるセール
  • ネット通販のセール(楽天は厳密にはポイント還元になる)

またアウトレットパソコンや訳ありパソコンをセール価格で販売する場合もセールのひとつと言えるでしょう。

アウトレットパソコンや訳ありパソコンを売っている場所は、家電量販店やBTOショップや、パソコンメーカーの公式サイトです。

家電量販店やBTOショップは実店舗での販売とネット通販での販売をやっています。

家電量販店やBTOショップ
  • YAMADA アウトレット・リユース
  • ビックカメラ アウトレット
  • ジョーシンアウトレット
  • ヨドバシカメラ アウトレット
  • アウトレットプラザ
  • パソコン工房 アウトレット館

メーカー
  • 富士通
  • 東芝
  • レノボ
  • dell
  • hp
  • lenovo
  • nec
  • パナソニック
  • ソニー
  • マイクロソフト
  • msi
  • vaio

割引になりやすい時期を知ろう!年末年始以外で安いのは?

パソコンが安くなる時期について解説します。

パソコンが安くなる3つの時期

パソコンが安くなる時期は、モデルチェンジの時期、決算時期、年末年始となります。

モデルチェンジの時期
決算時期
年末年始

イベント名 時期
モデルチェンジの時期 春モデル1~2月頃
夏モデル4~5月頃発売
秋・冬モデル9~10月頃
決算時期 3月と9月
ビックカメラは2月と8月
年末年始 12月末から1月

【モデルチェンジの時期】
モデルチェンジの時期は型落ちのパソコンが底値となります。

富士通などの国産パソコンのモデルチェンジの時期は、春モデルが1~2月頃発売、夏モデルが4~5月頃発売、秋・冬モデルが9~10月頃発売です。

新発売から1ヶ月経つ頃から値下がりはじめ、次のモデルが出るころに底値になります。次のモデルが発売される頃に前モデルを買うのが安い時期となります。

ただしDELLなどの海外製パソコンは新製品の出る時期がバラバラですので、この月が安いというのが分かりません。ですのでクーポンなどを利用して安くする必要があります。

【決算時期】
決算時期は家電量販店の決算期は概ね3月と9月ですが、ビックカメラは2月と8月で少し早めとなっています。

【年末年始】
年末年始のセールは12月末から1月

パソコンは年末年始どちらが安い?

パソコン自体の価格は年始の方が安い傾向にあり、さらに福袋などで激安になる場合もあります。

ただし年末のクーポンや特典などで年末の方が安くなる場合も多々あります。

それよりも年始になると在庫がなく買えないという状態になってしまう可能性の方が考慮しないといけません。

【5】ポイント還元|実質価格を安くする

ポイントサイトを経由してパソコンを購入する事で、ポイント還元分お得に購入できます。購入価格が安くなる訳ではありませんが貯まったポイントで次回安く買えるのは嬉しいですね。

有名なポイントサイトに楽天リーベイツがありますが、他にも沢山あるので一番還元率の良いサイトを経由して購入すると良いでしょう。

楽天リーベイツの使い方を解説します。

手順1
Rebatesでストアを選ぶ
たとえばパソコン工房で購入したいなら、検索窓に「パソコン工房」と入力して、「ストアに進む」をクリックします。
手順2
買い物をする
気になる商品を購入するだけです。
手順3
後日、楽天ポイントがもらえる
例えば10万円のパソコンを買ったとすると、パソコン工房の場合2.5%が還元されます。後日2,500ポイントのゲットとなります。

注意
必ず目的のショップがあるとは限りません。たとえばマウスコンピューターはありますがドスパラはありませんでした。

【6】安いメーカー|国内よりも外資系メーカーが安い

日本のメーカーよりも海外のメーカーの方が安い傾向にあります。

海外のメーカー

次に挙げる4社は海外のメーカーの中でも特に安いパソコンを販売しているメーカーです。またビジネス用パソコンだけではなく、ゲーミングパソコンや動画編集パソコンなど幅広いラインナップです。

  • HP(ヒューレットパッカード)
  • DELL(デル)
  • LENOVO(レノボ)
  • ASUS(エイスース)

日本のメーカー

海外メーカーが安いと伝えましたが、日本国内のメーカーで安いのはマウスコンピューターです。

また検索画面が使いやすく、「製品タイプ」「CPU」「グラフィックカード」を選んでから、SSDやメモリなどを絞り込み検索できます。非常に使いやすいです。

さらにクーポンやキャンペーンも定期的にやっていて、常に安く買える環境を提供してくれています。

  • マウスコンピューター

【7】安い店や場所|家電量販店よりもネット

秋葉原を代表に全国各地に安い家電量販店はありますが、一番安いのはネット通販でしょう。

ネット通販の中には家電量販店のネットサイトも含まれます。その他メーカーの直販サイトやパソコンショップ(BTO)の通販を指しています。

家電量販店の実店舗の場合は、安くなるのがモデルチェンジや決算期、または年末などの限られたセール期間だけとなりますが、ネットサイトではアウトレット品をセール期間以外でも販売していたりします。

また家電量販店以外のネット通販では、キャンペーンやクーポンを頻繁に提供していて割引価格での購入がしやすい状況です。

ネット通販をしているショップやメーカーは沢山ありますが、特に安くなるのは以下となります。

  • BTOでパソコンが安い!マウスコンピューター、ドスパラ、パソコン工房、FRONTIER
  • キャンペーンの割引率が大きい!HP
  • 毎日クーポンを配布している!DELL、LENOVO
  • WEB限定クーポンがある!富士通

【8】自作パソコン|超高スペックなら安くなる

自作はBTOよりも安くなる場合がありますが、条件があります。それは高スペックなパソコンを自作するって事です。

最近のBTOは値段がどんどん安くなってきていて割高感が無くなってきています。15万円くらいまでのパソコンならBTOの方が安いです。また保証も付くのでBTOの方が良いです。

ただし超高スペックパソコンを自作するならお得なので、自分がどんなパソコンを欲しいかを考えて自作かBTOかを判断する方がよいですね。

パソコンを安く買うコツ

覚えておけば安くなるコツを紹介します。

パソコンタイプはデスクトップが安い

同じスペックで比べるとノートパソコンよりデスクトップパソコンの方が安いです。ただしデスクトップはモニター、キーボード、マウスが別に必要です。

今使っているパソコンがデスクトップで、次にノートパソコンを検討していても、持ち運んだり移動する機会がないなら、デスクトップも考えてみてはいかがでしょうか。

型落ちパソコンを狙う

型落ちと言っても中古品ではなく、新品のセール品として売られています。セールの時期は年に数回ありますが、モデルチェンジの時期に新型ではなく型落ちの旧型を買うというのが覚えやすいでしょう。

性能的には新型の方が良い場合が多いですが、自分が使う環境で型落ちのスペックでも問題なければ新型でなくても良いですね。

割引セールやクーポンを合わせて使う

たとえばセール品に割引クーポンを使って、ポイントも還元してもらうというやり方です。

店舗によってはセール品にその他の割引は使えない場合もありますが、年末であれば様々な割引が複合して使える可能性も高いです。

また決算期であれば店員さんがサービスしてくれる可能性もあるので、今回紹介したセールの時期やキャンペーンを確認してみてください。

まとめ

パソコンを安く買う方法について解説しました。

最も安いのは中古パソコンですが、保証などしっかりしている店舗で買いましょう。

クーポンやキャンペーンなどは販売店やメーカーによって違うので特徴を知る必要があります。

今回紹介した方法を試してみて、安くパソコンを買ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です