Jw_cadの動作環境とPCの必要スペック!おすすめノート・デスクトップ

Jw_cadは高性能なパソコンでなくても動かすことが可能です。

しかし快適に動かすためには低スペック過ぎるパソコンでは、描写が遅くストレスが溜まってしまう事も。

この記事では、Jw_cadの動作環境とパソコンの必要スペックを紹介します。

Jw_cadの動作環境は公式発表なし!PCの必要スペックと注意点は?

低スペックで動くJw_cadですが、最新バージョンでは動作が重いです。

Jw_cadで必要なパソコンのスペックと注意点を紹介します。

バージョン7.11は低スペックPCで動くけどOSが古いと危険

Jw_cadの動作環境は公式で発表していないので、ユーザー同士が情報交換できるBBS「情報交換室」を見てパソコンの必要スペックを調べるしかありません。

そこで分かったのは、2015年3月の過去ログから以下のスペックであれば、Jw_cad Version 7.11が動いているという事です。

CPU Core i5
(第4世代)
メモリ 4GB
GPU CPU内臓のインテルHD グラフィックス
HDD 500GB
OS Windows7, 8, 10

CPUがCore i5(第4世代)、メモリが4GB、GPUがCPU内臓のインテルHDグラフィックスという低スペックでもJw_cadは動くようです。

また、2015年3月の過去ログで使われていたOSはWindows8.1となっていますが、公式発表ではWindows7, 8, 10での動作が確認されています。

ただし注意点があります。低スペックPCでバージョン7.11は動くけどOSが古いと危険です。

OSが古いと危険な理由

Jw_cadは以下のOSでの動作確認がされています。

  • Windows 10(2015年発売)
  • Windows 8(2012年発売)
  • Windows 7(2009年発売)

ただしWindowsにはサポート期間があり、サポートが終了すると不具合が修正されず危険な状態のままとなってしまうので、OSは常に最新のものを使うようにしなければなりません。

ネットに繋がずJw_cad専用パソコンにするのであれば、まだ問題はありません。

とはいえ、「ネット検索」「メールチェック」「ソフトのアクティベート」など、パソコンを使うという事はネット接続が前提でもあります。

セキュリティソフトをインストールするのですら、ネット接続が必要な場合が多々あります。

いっちー

Jw_cadはWindows7以上で動作確認されていますが、安全の問題から最新のWindows10を使うようにしましょう。

最新OS Windows10を使う際の注意点

最新のOSはスペックの低いパソコンでは動きが悪い、または重すぎて動かないという事です。

僕はWindows7をバージョンアップしてWindows10にしたのですが激重で使えないパソコンになってしまいました。

中古Windows10がインストールされたスペックの低いパソコンを買いましたが、遊びでネット検索やYouTube鑑賞ならできますが、動作は重いです。

仕事でJw_cadを使うなら、最低限ストレスのない動きをしてもらわなければなりません。

いっちー

低スペックパソコンに最新OSは負担が大きいです。

バージョン8.24aは低スペックPCで動くけど重い

Jw_cad自体は低スペックのパソコンでも動きます。

現在の最新バージョン8.24aでも、先ほどお伝えしたスペック、「CPUがCore i5(第4世代)、メモリが4GB、GPUがCPU内臓のインテルHDグラフィックス」でも動きます。

ただし、Jw_cadの過去ログを見ると「地図をベクター化したJWWデータ(1MBぐらい)の描画に1秒以上かかる」という書き込みがある事から、動くけど快適ではないといえます。

Direct2Dが組み込まれたバージョン8.00から8.24aまで6年の歳月が流れているので仕方がないことなのでしょう。

Jw_cadのバージョンの推移を表にしました。

Version 発表年
Version 8.24a 2021/05/18
Version 8.00 2015/01/12
Version 7.00β 2009/11/21
Version 6.00 2007/11/05

Direct2Dが組み込まれたバージョン8.00(2015/01/12)から8.24a(2021/05/18)まで、メジャーアップデートはされずマイナーアップデートにとどまっているので大幅な変更はないようですが、低スペックパソコンでは限界がきているようですね。

Jw_cadが快適に動くパソコンのスペックはこれ

Jw_cadとOSの特徴から、次の事が分かります。

  • バージョン7.11は低スペックパソコンで動くけど、OSが古いと危険。
  • パージョン8.24aは低スペックパソコンでは、動きが重い。

このことから、Jw_cadが快適に動くパソコンのスペックは「CPUがCore i5(第4世代)、メモリが4GB、GPUがCPU内臓のインテルHDグラフィックス」ではありません。

これは2015年ごろに快適だった数値です。

いっちー

そこで今、パソコンに必要なスペックは以下のようになります。

CPU Core i5
(第8世代)
メモリ 8GB
GPU CPU内臓のインテルHD グラフィックス
ストレージ SSD500GB
OS Windows10

スペックについて詳しく解説します。

CPU

Core i5(第8世代)はコア数が6個になっているので、明らかにそれ以前の世代よりも性能が高いです。

周波数は最低でも2GHz以上、出来れば3GHz以上あった方が快適なので、Core i5-8400Tの1.7GHzは選ばないようにしましょう。

最新パソコンであれば第10世代以上を搭載していると思うので、2GHz以上のラインはクリアしています。

またCore i3は第10世代でもコア数が4個なので選択肢から外れますね。

メモリ

メモリは4GBでも動きますが、快適さを求めるなら8GB以上です。僕的には16GBくらい搭載していても良いと思っています。

Windows10の推奨スペックでは2GBとなっていますが、Jw_cadをインストールしたアイドル状態で2GBは行く可能性があります。

ソフトを「使う」ことまで考えると4GBでは余裕がなく、8GBあった方が安心だというのが分かると思います。

Jw_cad以外の事も同時にしたいのであれば、16GBを搭載したパソコンの方が余裕があります。

実際僕のパソコンはメモリが8GBなのですが、ブラウザを立ち上げすぎると動作が重くなったりもします。僕のパソコンの場合は、CPUの周波数が低いとか帯電の影響も考えられますが・・・

GPU

CADパソコンは専用GPU、特にQuadroが必須みたいな印象ですが、APIにOpenGLを使っていないJw_cadはQuadroよりもGeForceの方が合っています。

Jw_cadはVersion 8.00以降にDirect2D機能が搭載されていて、Direct2DとはDirectX上で動作して図を高速で描写する技術なので、DirectXの処理が早いGeForceの方が目的に合っています。

とはいえ、Intel CPU内蔵の「インテルHD グラフィックス」でも問題ないでしょう。

いっちー

映像処理を早くしたいのであれば、GeForce搭載パソコンを選択しても良いですね。

ストレージ

ストレージはデータ保存まで考えると500GBは欲しいところです。

また絶対にHDDではなくSSDにした方が間違いがありません。SSDはOSやソフトの起動スピードが全然違うのでストレス度合いが違うからです。

ただしノートパソコンでストレージにSSD500GB搭載というのは少ないので、SSD250GBにして外付けSSDで対応という方法もあります。

もしくはメインSSD250GB、サブHDD1Tとかでも良いかもしれません。

OS

OSは絶対にWindows10、出来れば最新バージョンにしましょう。買ったときに古いWindows10でもバージョンアップで最新にする事は可能です。

安全性の面からも最新、もしくは最新でなくてもサポート範囲内のWindows10にしましょう。

ノート編|Jw_cadにおすすめのパソコン

Jw_cadが快適に使えるノートパソコンを紹介します。

Jw_cadが快適に動く「基本スペック」「CPUの性能上げたスペック」「GPUの性能を上げたスペック」の3つのスペックを紹介します。

基本スペックでも問題ありませんが、CPUの性能を上げるとより快適になりますし、GPUの性能を上げると余裕が生まれます。

紹介するパソコンのOSはWindows10です。

基本スペック

  • CPU:Core i5
  • メモリ:8GB
  • GPU:インテルUHD

フロンティア FRNLC510/S

CPU Core i5-10210U
メモリ 8GB
GPU インテル UHD グラフィックス
ストレージ 512GB M.2 NVMe SSD
画面 15.6型
価格 104,800(税込)~

約10万円のノートパソコン。Jw_cad以外の目的では、書類作成からネット検索に向いています。

>>フロンティア FRNLC510/Sを購入

CPUの性能上げたスペック

  • CPU:Core i7
  • メモリ:8GB
  • GPU:インテルUHD

フロンティア FRNLC710/S

CPU Core i7-10510U
メモリ 16GB
GPU インテル UHD グラフィックス
ストレージ 512GB M.2 NVMe SSD
画面 15.6型
価格 119,800(税込)~

約10万円でPUがCore i7にバージョンアップ。Jw_cad以外の目的では、画像作成など簡単なクリエイティブな作業にも。

>>フロンティア FRNLC710/Sを購入

GPUの性能を上げたスペック

  • CPU:Core i7
  • メモリ:16GB
  • GPU:GeForce

ツクモ G-GEAR N1547K-710/T

CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX1650
ストレージ 500GB SSD
画面 15.6型
価格 131,780(税込)~

Jw_cadを動かすうえで、CPU、メモリ、GPU、ストレージ、どれもハイスペックな構成。

>>ツクモ G-GEAR N1547K-710/Tを購入

マウス DAIV 5P

CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX 1650 Ti
ストレージ 512GB SSD
画面 15.6型
価格 164,780円(税込)~

Jw_cadを動かすうえで、CPU、メモリ、GPU、ストレージ、どれもハイスペックな構成。

稼働時間が約18.5時間と長時間。重さも約1.53kgで持ち運びにも便利です。

>>マウス DAIV 5Pを購入

デスクトップ編|Jw_cadにおすすめのパソコン

Jw_cadが快適に使えるデスクトップパソコンを紹介します。

Jw_cadが快適に動く「基本スペック」「CPUの性能上げたスペック」「GPUの性能を上げたスペック」の3つのスペックを紹介します。

基本スペックでも問題ありませんが、CPUの性能を上げるとより快適になりますし、GPUの性能を上げると余裕が生まれます。

紹介するパソコンのOSはWindows10です。

基本スペック

  • CPU:Core i5
  • メモリ:8GB
  • GPU:インテルUHD

マウス mouse DT5

CPU Core i5-10400
メモリ 8GB
GPU インテルUHD グラフィックス630
ストレージ 256GB SSD
価格 76,780円(税込)~

10万円を切る価格。Jw_cad以外の目的では、書類作成からネット検索に向いています。

>>マウス mouse DT5を購入

CPUの性能上げたスペック

  • CPU:Core i7
  • メモリ:8GB
  • GPU:インテルUHD

マウス mouse DT7

CPU Core i7-10700
メモリ 8GB
GPU インテルUHD グラフィックス630
ストレージ 512GB SSD
価格 98,780円~

10万円を切りながらCPUがCore i7にバージョンアップ。Jw_cad以外の目的では、画像作成など簡単なクリエイティブな作業にも。

>>マウス mouse DT7を購入

GPUの性能を上げたスペック

  • CPU:Core i7
  • メモリ:16GB
  • GPU:GeForce

ツクモ G-GEAR GA7J-F211/T

CPU Core i7-11700
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX 1660 SUPER
ストレージ 500GB SSD
価格 167,800円(税込)~

Jw_cadには十分な構成。ゲームも可能。

>>ツクモ G-GEAR GA7J-F211/Tを購入

まとめ

Jw_cadの動作環境とパソコンの必要スペックを紹介しました。

低スペックパソコンでも動いてしまうJw_cadですが、快適な作業を行う為にはそれなりのスペックが必要です。

また古いOSでは不具合が更新されず危険な状態ですので、新しいOSを動かすためにも今回紹介したスペックのパソコンを使うようにしましょう。

>>Jw_cadにおすすめのノートパソコンを見る

>>Jw_cadにおすすめのデスクトップパソコンを見る

関連記事
将来的にAutoCADやその他のCADソフトを使用する場合は、今回紹介したパソコンではスペックが足りません。
 
以下の記事を参考にして、目的に合ったパソコンを探してください。
AutoCAD(LT)の推奨スペック(グラボ,CPU)とおすすめノートパソコンCADパソコンおすすめはコレ!2D,3Dノート&デスクトップと推奨スペック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)