中古iMacはどこで買う?安くて保証がある販売店舗はここ

iMacは価格が高いので、中古で探してみたいと考える人も多いんじゃないでしょうか。

でも中古iMacってなかなか売ってないです。

そこでこの記事では、iMacが売ってる場所とどこで買うのが良いかをお伝えします。

iMacはどこで買う?販売店舗を紹介

iMacは、以下の場所で売っています。

それぞれの特徴を表で紹介しますね。

店舗 価格 在庫数 保証
中古PC専門店 安い 少ない 1ヶ月~1年
リサイクルショップ 高い 多い 1ヶ月~1年
大手ネット通販
(Amazon、楽天、Yahoo!)
高い 多い なし~1年
AppleStore
(整備品)
高い 少ない 1年
個人売買 出品者による 多い なし

価格が安く保証がある中古PC専門店は、専門スタッフが製品チェックをするので品質面でも安心です。

外観など品質によりランク分けをしているショップもあるので、まずは中古PC専門店から在庫を確認するようにしましょう。

いっちー

もし、中古PC専門店で欲しいiMacがなかった場合は、少し価格が高くなってしまいますが、在庫の多いリサイクルショップで探すようにすると良いですね。

大手ネット通販(楽天、Yahoo!)は中古パソコン専門店の集合体と言えるのですが、価格を若干高めに設定しているしショップによって品質や保証がバラバラです。

AppleStoreは保証が1年付く新古品なので美品ですが数が少なく価格が高いのがネック。

個人売買はたまに激安価格のiMacが出品されていますが、保証がない場合が多いのでジャンク品扱いです。初心者は手を出さない方が安全です。

いっちー

それぞれの特徴を、さらに詳しく解説していきますね。

安くて保証が充実!中古PC専門店

中古iMacが安くて保証も長くて安心なのは中古PC専門店です。

また、ショップによって違いはありますが、保証も1ヶ月~付いているので安心度も増すでしょう。

いっちー

製品の質は、プロによる徹底した動作チェックがされているので安心です。

実店舗だけでなく、通販サイトを運営している所も多く便利です。

ただし、中古iMacはMacbookと違い在庫は全体的に少なめで、取り扱いモデルもショップによって違いがあります。

いっちー

1点ものなので、探しているモデルを見つけても、次見たときには売り切れている可能性があります。

ショップによって取り扱いモデルが違う

中古iMacが売っている中古PC専門店は、以下のショップがあります。

ショップによって取り扱っているモデルに違いがあるので表で解説します。

ショップ 保証 特徴
Qualit
(クオリット)
12ヶ月 2017~2018年モデルがある。
在庫は特に少ない。
デジタルドラゴンicon 3ヶ月 2021年モデルが多い。
2013年~2020年モデルまでバランスよくある。
OraOrA!
(オラオラ!)
3ヶ月 2017年モデルが多い。
その他は2015年以前のモデルの在庫がある。
イオシス 3ヶ月 2017年モデルが比較的多い。
在庫は特に少ない。
パソレット 1ヶ月 2015年以前のモデルの在庫がある。
ジャンクワールド 1ヶ月 2015年モデルが多い。
その他は2014年以前のモデルの在庫がある。
じゃんぱら なし~1ヶ月 2017年モデルが多い。
2011~2021年モデルまで在庫がある。

全体として在庫は少なめですが、価格が安くて保証もあるので、最初に中古PC専門店で探すのが良いでしょう。

ショップによって在庫があるモデルが違うので以下の章で、モデル別にどのショップを選べばよいかお伝えします。

欲しいモデル別!ここで買うと良いショップ

2021年モデル

かなり新しい部類に入る2021年モデルはデジタルドラゴンiconが最多在庫です。

次にじゃんぱらとなります。

2017年モデル

2017年モデルはOraOrA!(オラオラ!)とじゃんぱらが同じくらいの在庫数です。

まずは保証の長いOraOrA!(オラオラ!)で探してみて、なければじゃんぱらで探してみると良いでしょう。

2018年モデル

2018年モデルはQualit(クオリット)が最多在庫です。

2015年モデル

2017年モデルはジャンクワールドとじゃんぱらが同じくらいの在庫数です。

2015年以前のモデル

デジタルドラゴンiconパソレットジャンクワールドが2011年~2015年モデルの在庫が比較的多いです。

2017年以降のモデル

デジタルドラゴンiconQualit(クオリット)、じゃんぱらが2011年~2015年モデルの在庫が比較的多いです。

中古iMacの販売がない専門店に注意

中古パソコン市場とPCワンズは数点しか在庫がないので、ほぼないと言っても良いでしょう。

くじらやとドスパラは調査時点では在庫数は全くありませんでした。

中古PC専門店で欲しいiMacがなかったら見たい販売店舗

ちょっと割高だが商品数が多い!リサイクルショップ

リサイクルショップは店舗とオンラインサイトがありますが、今回はオンラインサイトで調べました。

有名リサイクルショップを見てみると、ショップによって品ぞろえが違います。

iMacを探すならリコレが良いでしょう。400点ほどの在庫がありました。

ただし、価格設定は中古PC専門店よりも高めなので、最初に中古PC専門店で探してから欲しいモデルがなかった場合にリコレで探すと良いでしょう。

同じリサイクルショップのハードオフは40点ほど、ゲオオンラインは全く在庫がありませんでした。

近くの実店舗であれば在庫がある可能性もありますが、それほど多くのモデルは売っていないでしょう。

ポイントが溜まってるなら利用して良いかも!大手ネット通販

大手ネット通販の楽天とYahoo!もMacが売っています。Amazonは商品数が20点とかで少なすぎるので売ってる店に含めてません。

楽天とYahoo!共に、約1,000点ほどの商品数がありとても多いです。

送料無料のショップが多く、楽天・ヤフーでそれぞれのポイントが貯まるのも嬉しいです。

ただし価格的にはリサイクルショップと同じくらい。中古PC専門店の方が安いです。送料込みの価格やポイント還元分を含めて考えても、中古PC専門店のほうが5,000円程度安かったです。

商品数が多いと、どの商品を選べばよいか迷ってしまうのもデメリットになります。

様々なショップが出店しているので、保証期間・品質面・商品の状態(ランク)が違います。

ショップによって商品説明の記載方法や、購入時の注意事項などが異なるので、商品を選ぶのに非常に時間が掛かってしまいます。

中古PC専門店でMacを探したけど、思っているものが無かった時に、探してみると良いかもしれません。

価格は高いけど新品同様!AppleStoreの整備済製品

新品同様のMacを買えるメリットはありますが、在庫が少なく割引率も15%とそれほど安くなっていません。

価格はそれほど安くなりませんが、1世代前のモデルを少しでも安くほしい場合に良いでしょう。

2世代以上前のiMacを安くほしいのなら、安くて保証が充実している中古PC専門店が良いでしょう。

賭けの要素が強い!個人売買

個人売買にはフリマ形式のメルカリ、ラクマジ、モティーと、オークション形式のヤフオクがあります。

これらの共通点は、価格は個人がつけるので掘り出し物の格安iMacが見つかる可能性がある一方で、相場より価格を高く設定している方もいます。

相対的にみると相場よりちょっと安いかなくらいのですので、保証がほぼない個人売買は素人が手を出すのはおすすめしません。

ただし、ヤフオクに限っては1円スタートといって1円からオークション始める方もいて、その場合は相場よりも安く変える可能性があります。

2015年式27インチiMacは相場が4~5万円ですが、ヤフオクでは3万円で落札している物も確認できました。

このように格安で購入できる場合でも、保証がない事を考えるとジャンク品として購入する気持ちがあった方が良いでしょう。

ですので、年式が新しいiMacを狙うよりも年式の古いiMacを狙うことに徹した方が良いですね。

家電量販店は中古iMacの販売がない

家電量販店にはアウトレット販売をするコーナーやサイトが存在する場合があります。

例えば以下のようなショップ。

  • ヤマダ電機アウトレット・リユース
  • ビックカメラアウトレット
  • コジマアウトレット
  • ヨドバシカメラアウトレット(京急川崎店)
  • ジョーシン(日本橋店)

これらを調査した結果、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ジョーシンには販売がなく、ビックカメラとコジマには新品のみの販売が確認できました。

たまに型落ちモデルを安く売る実店舗があるので、時間があれば足を運んでみて確認してみても良いでしょう。

中古iMac購入時の注意点

今回紹介しているiMacはOSがMacなので、Windowsと違った注意点もあったりします。

iMacを購入する前にご覧ください。

まず最初に注意点として知っておかなければならないのは次の7点です。

いっちー

これらの事に気を付けながらiMacを購入しましょう。

全体的な注意点
  • 対応OSが最新じゃないと危険
  • 古すぎるモデルは使えない可能性が高い
  • スペックで重視するのはCPUとメモリ
  • 傷や外観は好みだが激しいものはNG
  • 故障個所がある可能性を考える
  • 付属品や箱の確認をしよう
  • 保証期間は購入場所によって違う

これらの注意点の中から、特に「故障個所がある可能性を考える」ことと「付属品や箱の確認をしよう」については、以下のような注意点があります。

故障や付属品について
  • 黄ばみや焼き付きが出やすいモデルがある
  • 付属品のマウスとキーボードは必ずほしい

また、また、記事内で既に説明しましたが、購入する場所についても注意点があります。

個人売買は安いという印象がありますが、それほど安くはなく保証もないといったリスクの方が大きいです。

保証期間は購入場所によって違いますが、おすすめなのは専門店です。

購入する場所の注意点や気をつけること
  • 個人売買はおすすめできない
  • 中古を買うなら専門店が安くて安心

いっちー

注意点については以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

iMacの中古はどこで買うのがおすすめか解説しました。

中古PC専門店なら安く安全にMacが購入できます。ショップによって取り扱っているモデルが違うので注意してください。

もし中古PC専門店に欲しいモデルがなかった場合は、少し価格が上がってしまいますが、リサイクルショップの「リコレ」や、大手ネット通販の「楽天」や「ヤフーショッピング」で探してみると良いでしょう。

1世代前のモデルに限定されますが、価格が高くても新品に近いものが良いなら、AppleStoreの整備済み製品が良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)