中古パソコンの危険性!ウイルスや故障のリスクと回避方法

中古パソコンは、以前にどんな使われ方をしたか分からないので、中古特有の危険が2つあります。

それは、「ウイルス感染やハッキングのリスク」と「故障のリスク」です。

  • ウイルス感染やハッキングのリスク
  • 故障のリスク

前の使用者が、乱暴に使っていたら故障のリスクも高くなるし、セキュリティーソフトも入れず使っていたらウイルスに感染している危険もあります。

この記事では、中古パソコンの価格が安いという魅力を最大限生かすために、2つの危険の原因と回避方法を解説しています。

危険さえ回避出来れば、安全で安いコスパの良いパソコンが手に入ります。

リスク回避の基本は「専門店」で購入する事

 
ウイルスや故障のリスクを回避したいなら、「メンテナンス」や「サポート」がしっかりしている中古パソコン専門店で購入する事です。
 
間違っても個人売買などに手を出さないようにしましょう。あれはパソコンのプロが使う手段です。
 
さて、中古パソコン専門店の「デジタルドラゴン」は、ウイルスの危険がないようにパソコンを初期化して販売しているし、保証も業界初の永久です。
 
デジタルドラゴンで中古パソコン一覧を見る

いっちー

僕は今まで10台以上の中古パソコンを買っていますが、特に問題なく使えています。

中古パソコンの危険性① ウイルス感染やハッキングのリスクと回避方法

まずはウイルスとハッキングについて解説します。

ウイルス感染やハッキングの原因

ウイルスに感染する経路というのはいくつかあるのですが、メールに添付されているデータをクリックしたり、違法サイトを訪問してウイルスを仕込まれたりするケースが多いです。

中古パソコンの前の使用者が、それらの行為をしていてウイルスに感染している可能性があります。

またヤフー知恵袋などでは、意図的にウイルスを仕込んで売る輩もいるとかいないとか・・・そんな情報も少なからずあります。

いっちー

これが中古パソコンがウイルスに感染しているかもしれない原因です。

ウイルス感染の被害は多種多様!ハッキングもその一つ

ウイルスの種類は色々あって、HDD内のデータを全て削除するものやバックドアを仕掛けるものなどがあります。

このバックドアを仕掛ける行為が、いわゆるハッキングというやつです。

HDD内のデータ削除も被害としては悲惨ですが、バックドアを仕掛けられていると厄介で、金銭的被害や社会的犯罪に利用されてしまう危険もあります。

具体的には、個人情報やキーボード操作の漏洩によるクレジットカードの不正利用、特定の相手を攻撃するための踏み台に使われ、知らない内に加害者になる、意図しない内容を掲示板へ書き込みされるなどです。

  • クレジットカードの不正利用
  • 特定の相手を攻撃するための踏み台に利用される
  • 意図しない内容を掲示板へ書き込まれる

注意
以上の内容は、ほんの一部です。この他にも危険はいっぱいあります。最悪の場合、社会的信用を失ってしまう可能性もあります。

いっちー

データ削除は金銭要求などの被害にあわないためには、ウイルスに感染していないパソコンを使うというのが大前提となります。


MEMO
ここでは具体的に、有名なウイルス3種の症状をお伝えします。
 
【トロイの木馬】
 
最も代表的なウイルスがトロイの木馬です。
 
感染経路はメールやネット上のwebサイトです。安全なファイルに成りすましてダウンロードとインストールを促します。
 
画像や動画、音楽ファイルなどに偽装しているので間違って実行しないようにしないといけません。
 
「jpg」「mp3」「avi」「zip」などの拡張子の後に、「exe」となっていたらトロイの木馬の危険があります。
 
感染してしまうとパソコンの中身やパスワードを取得されたり、勝手にウイルスをダウンロードされたりと非常に危険なウイルスです。
 
【ランサムウェア】
 
トロイの木馬型のウイルスですが、個人情報を盗む目的よりも、金銭を要求するのが目的になります。
 
ランサムウェアはパソコンを乗っ取られ利用不可能にします。そしてそれを解除してもらうために身代金を要求するといったものです。
 
【ワーム】
 
ワームの特徴はファイルに寄生することなく、単体で実行可能な点です。
 
そして自分の複製をどんどん作り、ネットワークを使って感染を広げていきます。

Macはウイルスに感染しないは昔の話

昔はMacはウイルスに感染しないと言われていましたが、最近は感染の報告もあります。

Macの利用者が増えウイルスも進化していきました。Windowsと同じようにOSは最新のものにしなければなりません。

ウイルス感染やハッキングの回避方法

ウイルスやハッキングを回避するには、以下の3つに注意して中古パソコンを購入するようにしましょう。

  • OSを初期化する
  • 古いOSは使わない
  • 個人売買(ヤフオク・メルカリなど)で買わない

OSを初期化する

ウイルスはパソコンを初期化する事で消すことが可能です。

初期化とはOSを再インストールして、購入時の状態に戻すことです。これには正規のプロダクトキーが必要になります。

いっちー

中古で購入する際は、このプロダクトキーとOSプログラムもついてくるか確認しないといけません。

古いOSは使わない

中古パソコンを購入する際は、「インストールされているOSのバージョン」に注意しないとウイルス感染のリスクが高まります。

なぜかというと、古いOSにはセキュリティーホールといって、プログラム的に弱い部分があり、その部分を悪意のあるハッカーが攻撃する可能性があるからです。

現在のWindowsの最新OSはWindows10です。

ですが中古で販売しているパソコンの中には、Windows7やそれ以前のOSがインストールされて販売されているものもあります。

Windows7は既にサポート期間(2020年1月14日まで)が過ぎているので、古いOSだと、セキュリティーホールや不具合のアップデートが出来ません。

そうなるとパソコンが防御できていない状態ですので、ウイルスの格好の的になってしまします。

いっちー

中古でパソコンを購入する際は、Windows10がインストールされているパソコンを買いましょう。Macも同じで最新のOSが望ましいです。

個人売買(ヤフオク・メルカリなど)で買わない

個人売買でパソコンを購入するのは要注意です。個人という事はパソコンの知識も人それぞれなので、中にはパソコンの事についてあまり知らないよって人もいます。

という事は、もしウイルスに感染していたとしても気づかず売ってしまうもしれません。

ウイルスのの多くは、使用者に気づかれず悪さをするので、買ってからも気づかないという事もあります。実に怖い話です。

いっちー

また個人売買では保証が皆無なので、初期不良があっても返品は出来ません。個人売買は、よほど信用できる相手でないとリスクしかないといえます。

専門店での購入がリスク回避の近道

中古パソコンは専門店で買うようにしましょう。

ウイルスやハッキングのリスクから回避するためには、「初期化」「最新OS」「知識のある人から買う」というのが大切ですが、専門店で購入すると、安心に必要な要素が自然と満たせます。

また初期不良の保証もあるので、万が一動かなかった場合でも返品交換が可能。メリットしかないのが中古パソコン専門店です。

いっちー

自分で初期化や最新OSへのアップデート、保証してくれる相手を探すなどなどは、骨が折れる作業で時間も無駄になますよね。

おすすめ店舗!僕が中古パソコンを買うのはここ

僕が中古パソコンを買う時に利用するのは、Windowsなら「デジタルドラゴン」か「ジャンクワールド」、Mac系なら「イオシス」です。

ジャンクワールドとデジタルドラゴンの違いは以下の表の通り。

店舗名 価格 保証
ジャンクワールド 安い 3ヶ月
デジタルドラゴン 普通 永久

どちらも「MARというMicrosoftの認定を受けた方法」で初期化しているので安心です。

いっちー

僕はその時の状況に応じて、価格か保証か?どちらを優先するかで、購入先を変えてます。

デジタルドラゴン

 
業界初の永久保証など保証を重視する方に向いてるショップです。
 
初期不良があっても保証が強みになります。ただし初期不良の保証期間は7日なので、商品が到着したらすぐに動作確認した方が良いですよ。
 
デジタルドラゴンで中古パソコン一覧を見る

ジャンクワールド

 
安い中古パソコンが大量にあるので、格安激安を探している方に向いているショップです。法人の大量買いにも対応しています。
 
ジャンクワールドで中古パソコン一覧を見る

いっちー

Macbookはイオシスで2台買ってます。どちらも快適に動いていますよ。

イオシス

 
Apple製品の中古を売っている専門店は少ないのですが、イオシスならMacbookが多く売っています。
 
イオシスで中古パソコン一覧を見る

関連記事
▼MARの詳細については、以下の記事で詳しく解説しています。
中古パソコンはMARが良い!Microsoft認定のWindowsOSで安全に利用

中古パソコンの危険性② 故障リスクと回避方法

故障リスクについて解説します。

故障の原因

パソコンの寿命は概ね5年と言われているので、5年を超えた中古パソコンは故障リスクが高いと言えます。

原因としては、パソコンで使われていパーツが5年を目安として寿命を迎えるからです。

とはいえパソコンを構成するパーツ(CPU、メモリ、SSDなど)が5年後に全て寿命を迎える訳ではありません。

中には半永久的に使えるパーツもあります。

いっちー

逆に言えば、寿命5年のパーツを交換してしまえば、6年以上も快適に使えると言えるでしょう。

故障の回避方法

故障を回避するには、以下のどちらかを意識して中古パソコンを購入するようにしましょう。

  • 発売から3年までのパソコンを購入する
  • 寿命が近いパーツを交換する

発売から3年までのパソコンを購入する

出来るだけ新しいパソコンを買うというのが、故障リスクを下げる方法ですが、価格が高くなりがちなのがネックです。

3年落ちの中古パソコンは、それほど値下がりしていないのが現状です。

いっちー

そこで、次に紹介するパーツを交換するとうのが安く故障のしにくいパソコンを購入するのに適しています。

寿命が近いパーツを交換する

パソコンの寿命が特に短いのはノートパソコンに使われるバッテリーです。約2年ほどで寿命を迎えます。

次に短いのがHDDやSSDなどのストレージで寿命は5年ほど。

これらを交換する事で、発売から10年ほど経っても使えるパソコンが完成します。

ただし自分で交換するのは知識や技術が必要なので、最初から交換してあるものを買うか保証で交換してくれる店舗で買うのが良いでしょう。

いっちー

バッテリーが寿命を迎えている場合は、交換せずにコンセントに挿しっぱなしに使うという方法もあります。僕はバッテリーを交換するのが面倒なので、この方法で使っています。

関連記事
▼ノートパソコンのバッテリーは、バッテリーレポートでへたり具合が分かります。
中古パソコはココで買え!失敗しないおすすめショップ5選

▼バッテリーが純正品じゃないものは発火の危険があります。
中古パソコンは発火(燃える)事故の報告あり!原因と対策方法

デジタルドラゴンならHDDが永久保証

壊れやすいパーツであるHDDが、年一回、永久的に無償で交換してくれるのがデジタルドラゴンです。

その他、「メモリー、電源ケーブル、ACケーブル、OS」も永久保証の対象です。

パソコンの寿命は5年と言われていますが、中古の場合は既に5年が経過しているものも多いでしょう。

そこで、HDD無償交換保証が付いているデジタルドラゴンなら、故障しても交換してもらったらよいので不安が一つ消えます。

いっちー

注意点としては、データは保証対象ではないので、常日頃から外付けSSDなどに大切なデータを保存する癖を付けましょう。

デジタルドラゴン

 
業界初の永久保証など保証を重視する方に向いてるショップです。
 
初期不良があっても保証が強みになります。ただし初期不良の保証期間は7日なので、商品が到着したらすぐに動作確認した方が良いですよ。
 
デジタルドラゴンで中古パソコン一覧を見る

中古パソコンについて
▼中古パソコンの寿命について解説しています。
中古パソコンの寿命!何年もつの?故障せずいつまで使える?

購入後はセキュリティソフトでウイルスから守ろう

中古パソコンを専門店で購入した場合、初期化されているのでウイルスに感染しているリスクはほぼないとお伝えしました。

ですがパソコンは使っている限り、ウイルスに感染するリスクがあります。

感染経路としては、メール、インターネト、社内ネットワーク、USBなどのメディアなど危険がいっぱいです。これらのルートから、あなたの知らない間に感染してしまう可能性があります。

個人の力で防ぎきれないので、安全にパソコンを使いたい方はセキュリティーソフトを導入するようにしましょう。

いっちー

とはいえセキュリティーソフトも種類が多いので、おすすめを3つ紹介します。

いっちー

僕はスペックの低いパソコンにはESETスペックの高いパソコンにはカスペルスキーというように使い分けています。シェアNo1で人気のノートンは動作が重かった経験があるので、今は使ってません(汗)

MEMO
数あるセキュリティーソフトの中から、人気のものをピックアップしました。
 
それぞれ特徴があるので、ご自身に合ったものをご利用ください。

【ソフト1】ESET インターネットセキュリティ

 
特に軽さを求めるならESETです。
 
「動作の軽さ」と「ウイルスの検知能力」を両立させています。高い防護力でありながら、スペックの低いパソコンで快適に動きます。3年版がありお得に利用できます。
 
ESETを確認する

【ソフト2】カスペルスキー セキュリティ

 
性能を重視する方はカスペルスキーです。
 
第3者機関によるマルウェア対策性能の評価で、5年連続1位を獲得している実績があります。ネットバンク保護もしてくれます。
 
カスペルスキーを確認する

【ソフト3】ノートン 360

 
人気や実績、子供の安全を考える方はノートンです。
 
世界での売り上げが1位の超有名セキュリティソフトです。機能のバランスが良く完成度が高い。子供のサイト閲覧を見張る、ペアレンタルコントロール機能が優れています。
 
ノートンを確認する

セキュリティソフト以外の対策方法は?

セキュリティソフト以外でウイルス対策するには、Windowsについているタスクマネージャーで、知らないソフトが動いていないかチェックすると良いです。

ただ素人がタスクマネージャーを見ても何が安全で何が危険かは分かりにくいです。

注意点としては、タスクマネージャーはウイルスが「いるか」「いないか」の確認が出来るだけなので、万が一、感染していたとしても別の対策を講じる必要があります。

またWindows10に標準搭載されている、Windows Defender(ウィンドウズ・ディフェンダー)でウイルスをチェックするという方法もあります。

ですがWindows Defenderは最小限の機能しか備えていません。

そこで誰でも簡単にチェックしてくれて、最大限の保護をしてくれるのが、セキュリティソフトとなります。インストールした後は、ほぼ自動で監視をしてくれるので安心です。

タスクマネージャー チェックのみで見ても分からないかも
Windows Defender 対策してくれるが効果は最小限
セキュリティソフト 最大限の対策をしてくれる

おすすめセキュリティーソフト一覧
▼特に軽さを求めるならESETです。
>>ESETを確認する
 
▼性能を重視する方はカスペルスキーです。
>>カスペルスキーを確認する
 
▼人気や実績、子供の安全を考える方はノートンです。
>>ノートンを確認する

まとめ

中古パソコンの危険性と回避方法について解説しました。

専門店で初期化されたパソコンや保証のある専門店で購入すると、「ウイルス感染やハッキングのリスク」と「故障のリスク」は回避する事が可能です。

安さが魅力の中古パソコンを、安心安全に購入するには専門店での購入が不可欠だと覚えておきましょう。

いっちー

おすすめの専門店は、Windowsなら「デジタルドラゴン」か「ジャンクワールド」、Macなら「イオシス」です。

デジタルドラゴン

 
業界初の永久保証など保証を重視する方に向いてるショップです。
 
初期不良があっても保証が強みになります。ただし初期不良の保証期間は7日なので、商品が到着したらすぐに動作確認した方が良いですよ。
 
デジタルドラゴンで中古パソコン一覧を見る

ジャンクワールド

 
安い中古パソコンが大量にあるので、格安激安を探している方に向いているショップです。法人の大量買いにも対応しています。
 
ジャンクワールドで中古パソコン一覧を見る

イオシス

 
Apple製品の中古を売っている専門店は少ないのですが、イオシスならMacbookが多く売っています。
 
イオシスで中古パソコン一覧を見る

中古パソコンについて
▼中古パソコンのデメリットとメリットを解説しています。
中古パソコンは大丈夫?購入時に役立つメリット・デメリット情報

▼中古パソコンで発火する場合について解説しています。
中古パソコンは発火(燃える)事故の報告あり!原因と対策方法

▼中古パソコンの寿命について解説しています。
中古パソコンの寿命!何年もつの?故障せずいつまで使える?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)