ツクモのゲーミングPCおすすめ5選!カスタマイズのコツも紹介

国内BTOの中でもツクモはカスタマイズの幅が広い事で有名です。

ゲーミングPCのG-GEARシリーズもスペックアップまたはスペックダウンする事が可能です。

ただしツクモのサイトでは、どのモデル(機種)にするかはCPUとGPUを基準としてしか決める方法がなく、最初の段階で「え?どのモデルにしたらいいの?」と迷いがちです。

そこでこの記事では、ツクモのゲーミングPCのおすすめモデルとカスタマイズの方法などを解説します。

いっちー

ツクモはAMDのプロセッサーに力をいれているので、IntelよりもAMD搭載モデルから選ぶ方が良いですよ。

今回紹介するツクモのゲーミングPC比較表

紹介するゲーミングPCのスペックを紹介します。まずは比較表をご覧ください。

名称 CPU GPU メモリ ストレージ 価格(税込)
G-GEAR GA3A-A200/T2 Ryzen3 GTX1650 8GB 40GB SSD 79,800円
G-GEAR GA5A-D210/T Ryzen5 RTX3060 16GB 500GB SSD 139,800円
G-GEAR GA7A-F210/T Ryzen7 RTX 3060 16GB 500GB SSD 169,800円
G-GEAR GA9A-J203/XT Ryzen9 RTX3070 16GB 500GB SSD 249,800円
G-GEAR neo GX9A-E204/XT Ryzen9 RX 6900XT 32GB 1TB SSD 369,800円

※G-GEAR GA3A-A200/T2以外のSSDはM.2規格です。

おすすめのツクモゲーミングPC5選

ツクモのゲーミングPCはAMDのCPUに力を入れていてラインナップも豊富です。そこでツクモのおすすめモデルは低価格で高性能なAMDモデルとしました。

AMDはIntelとくらべて、ベンチマークの値が同じでもCPUの価格は安い傾向にあります。

またマルチスレッドに対応していて、ゲーム配信をしたりゲームをしながら他の作業をする場合にも有効なCPUです。

G-GEAR GA3A-A200/T2

ゲームに必要な最低限のCPUとGPUを搭載した低価格な入門用モデル。

  • Ryzen3 3100
  • GeForce GTX 1650
  • メモリ8GB
  • 240GB SSD

ツクモのゲーミングPCの中で最安値のモデルです。

CPUHはAMD Ryzen3 3100とRyzen3シリーズの中で一番下のスペックですが、性能的には9世代Core i7や10世代Core i5と同じくらいで、ゲームプレイに問題のないスペックです。

GPUはNVIDIA GeForce GTX 1650なので高い性能を要求しないのであればゲームが可能です。軽いゲームならフルHDで60fpsでもプレイできるでしょう。

以下より標準パーツのスペックを紹介をします。カスタマイズ可能なのでスペックを調整する事が可能です。

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen3 3100(4コア8スレッド、定格3.6GHz Boost時最大3.9GHz、L2+L3キャッシュ18MB)
CPUクーラー 空冷
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB (GDDR6)
マザーボード ASUS PRIME B450-PLUS (ATX)
メモリ 8GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx1)
ストレージ 240GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込み対応)
電源 CWT製 550W (定格 500W) 80PLUS BRONZE対応
ケース G-GEAR ミドルタワーケース (69JD)
サイズ 190(W)x475(D)x435(H)mm
価格 79,800円

>>G-GEAR GA3A-A200/T2の詳細をみる

G-GEAR GA5A-D210/T


価格を抑えながら高性能パーツも使った初心者用モデル

  • Ryzen 5 3500
  • GeForce RTX 3060
  • メモリ16GB
  • 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)

価格を抑えながらも、GPU、メモリ、ストレージに余裕を持ったモデルです。

特にGeForce RTX 3060は低価格ながら12GBのビデオメモリを持っていることから、発売当初は良い意味で物議をかもしたGPUです。

Ryzen 5 3500は性能的に9世代Core i7や10世代Core i5と同じくらいなので若干物足りないですが、CPUの性能はカスタマイズでグレードアップ可能です。

メモリも16GBと十分なスペック、ストレージは500GB SSD(M.2規格 / NVMe接続)なので高速なデータ転送が可能です。

以下より標準パーツのスペックを紹介をします。カスタマイズ可能なのでスペックを調整する事が可能です。

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen 5 3500(6コア6スレッド、定格3.6GHz Boost時最大4.1GHz、L2+L3キャッシュ19MB)
CPUクーラー 空冷
GPU NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB (GDDR6)
マザーボード ASUS PRIME B450-PLUS (ATX)
メモリ 16GB (8GBx2枚) DDR4-3200
ストレージ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込み対応)
電源 CWT製 550W (定格 500W) 80PLUS BRONZE対応
ケース G-GEAR ミドルタワーケース (69JD)
サイズ 190(W)x475(D)x435(H)mm
価格 139,800円

>>G-GEAR GA5A-D210/Tの詳細をみる

G-GEAR GA7A-F210/T

トータルバランスに優れたゲーミングPC

  • Ryzen 7 3700X
  • GeForce RTX 3060
  • メモリ16GB
  • 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)

分かりやすく伝えると、先ほど紹介したG-GEAR GA5A-D210/TのCPUのCPUをRyzen 7 3700Xにグレードアップしたモデル。

G-GEAR GA5A-D210/TはCPUがグレードアップ出来ると言ってもRyzen 5の中で周波数を上げるのみ。しかしG-GEAR GA7A-F210/Tは最初からRyzen 7が搭載しています。

つまりどう頑張っても、「G-GEAR GA5A-D210/T」は「G-GEAR GA7A-F210/T」に勝てません。

スペックは上を求めすぎると価格も高くなるので、G-GEAR GA7A-F210/Tが価格と性能のバランスの取れたモデルといえます。

以下より標準パーツのスペックを紹介をします。カスタマイズ可能なのでスペックを調整する事が可能です。

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen 7 3700X(8コア16スレッド、定格3.6GHz Boost時最大4.4GHz、L2+L3キャッシュ36MB)
CPUクーラー 空冷
GPU NVIDIA GeForce RTX 3060
マザーボード ASUS PRIME B450-PLUS (ATX)
メモリ 16GB (8GBx2枚) DDR4-3200
ストレージ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込み対応)
電源 CWT製 定格750W 80PLUS GOLD対応
ケース G-GEAR ミドルタワーケース (69JD)
サイズ 190(W)x475(D)x435(H)mm
価格 169,800円

>>G-GEAR GA7A-F210/Tの詳細をみる

G-GEAR GA9A-J203/XT

人よりワンランク上を目指すなら持っておきたい1台です。

  • Ryzen 9 3900X
  • GeForce RTX 3070
  • メモリ16GB
  • 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)

Ryzen 9 3900Xの性能はざっくりとRyzen 7の1.5倍、Ryzen 3or5の3倍といったところです。

またGeForce RTX 3070の性能はGeForce RTX 3060の1.5倍とまではいかないけど結構な差があるといった感じです。

価格は1.5倍よりも少し安いので、高性能なゲーミングPCが欲しいならおすすめのマシンです。

以下より標準パーツのスペックを紹介をします。カスタマイズ可能なのでスペックを調整する事が可能です。

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen 9 3900X(12コア24スレッド、定格3.8GHz Boost時最大4.6GHz、L2+L3キャッシュ70MB)
CPUクーラー 空冷
GPU NVIDIA GeForce RTX 3070 8GB (GDDR6)
マザーボード ASRock X570 Steel Legend (ATX)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx2)
ストレージ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込み対応)
電源 定格750W 80PLUS GOLD対応
ケース G-GEAR ミドルタワーケース (69JD)
サイズ 190(W)x475(D)x435(H)mm
価格 249,800円

>>G-GEAR GA9A-J203/XTの詳細をみる

G-GEAR neo GX9A-E204/XT

事実上ツクモ最高スペックのゲーミングCP

  • Ryzen 9 5900X
  • Radeon RX 6900 XT
  • メモリ32GB
  • 1TB SSD (M.2規格 / NVMe Gen4接続)

Ryzen 9 5900Xは同じRyzen 9の中でも特別です。現在販売されているCPUの中でも上位3位に入る高スペックCPUを搭載したモデルとなります。

RX 6900 XTの性能も RTX 3070と比べて処理する能力が高いです。テストする内容により違いますが、搭載しているGPUは約10%~約60%くらい性能が高いです。

水冷モデルもあるが高すぎる

あとですが事実上と言ったのは、さらに上のモデルが1台あるからです。

G-GEAR neo GX9A-E202/XTなのですが529,800円もするのにスペック的にはG-GEAR neo GX9A-E204/XTとほぼ同じ。

違うのは水冷という事ですが、価格が20万円弱も高くなってしまいます。水冷が良いならサイコムで良いかなと。

という事からG-GEAR neo GX9A-E204/XTが事実上の際高スペックマシンと位置付けました。

以下より標準パーツのスペックを紹介をします。カスタマイズ可能なのでスペックを調整する事が可能です。

OS Windows 10 Pro (64ビット版)
CPU AMD Ryzen 9 5900X(12コア24スレッド、定格3.7GHz Boost時最大4.8GHz、L2+L3キャッシュ70MB)
CPUクーラー 空冷
GPU AMD Radeon RX 6900 XT 16GB (GDDR6)
マザーボード ASRock X570 Steel Legend (ATX)
メモリ 32GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、16GBx2)
ストレージ 1TB SSD (M.2規格 / NVMe Gen4接続)
光学ドライブ オプション (追加可能)
電源 Thermaltake製 定格850W 80PLUS GOLD対応
ケース G-GEAR neo ミドルタワーケース (MCM-M500P-KN5N-SJP)
サイズ 235(W)x512(D)x548(H)mm
価格 369,800円

>>G-GEAR neo GX9A-E204/XTの詳細をみる

ツクモのゲーミングPCはAMDモデルから選ぶと良い

CPUは、「Intel Core i5, i7,各種」と「AMD Ryzen 5, 7, 9, 各種」から選択可能です。どちらも数字が大きい方がスペックが高いです。

ただしツクモのゲーミングPCは、AMDモデルに力を入れています。Intelモデルはとりあえずあるって感じです。

なのでまずはAMDモデルから選ぶと良いでしょう。ラインナップが豊富です。

ゲームプレイに関してはIntelの方が若干性能が上ですが、ゲーム配信などゲームをしながら別の作業をする性能はAMDの方が上です。

そもそもですがスペックの低いIntelシリーズよりも、スペックの高いAMDシリーズの方がゲームにも向いています。

いっちー

なので高性能なAMDシリーズを選ぶというのが、ツクモでゲーミングPCを購入する決め手になってきます。

目的別!あなたにおすすめのゲーミングPCはこれ

目的別のおすすめのパソコンを紹介します。

安いゲーミングPC

安いゲーミングPCはG-GEAR GA3A-A200/T2で79,800です。

ただしGPUの性能が低すぎるので、合計金額が94,100円になりますが、GTX 1660にグレードアップするとゲーミング性能も格段にアップします。

>>詳細をみる

ロースペックゲーミングPC

ロースペックゲーミングPCは、G-GEAR GA5A-D210/Tで139,800円です。

>>詳細をみる

ミドルスペックゲーミングPC

ミドルスペックゲーミングPCは、G-GEAR GA7A-F210/Tで169,800円です。

>>詳細をみる

ハイスペックゲーミングPC

ハイスペックゲーミングPCは、G-GEAR GA9A-J203/XTで249,800円です。

>>詳細をみる

超ハイスペックゲーミングPC

超ハイスペックゲーミングPCは、G-GEAR neo GX9A-E204/XTで369,800円です。

>>詳細をみる

カスタマイズ(構成)のコツ!ツクモでおすすめのパーツ

ツクモはモデル別に標準パーツが選択されていますが、カスタマイズでグレードアップやグレードダウンが可能です。

標準パーツでも問題ありませんが、ちょっとグレードアップするだけでパーツの寿命を伸ばしたり快適さに差が付きます。

ここでは選びたいパーツについて解説します。

CPUグリス

CPUグリスは、CPUとCPUクーラー(ヒートシンク)の間に塗って熱伝導率を高めるものです。

高スペックのものでも、それほど価格は高くないので最高品質のものを選びましょう。

標準のものより2~3℃温度が下がります。高性能パソコンであればあるほど、少しでも熱を下げたいです。

基本的に一度塗れば、パソコンを買い替えるまで塗り替える事はないので、コスパ的にも最高品質が良いでしょう。

電源

おすすめの電源は、Corsair製850WのGOLDです。さらに省エネ&長寿命を狙うならPLATINUMにすると良いでしょう。

電源は容量(言力の量)と変換効率(ロスがどれだけないか)が重要です。人気のメーカーは性能が安定している「Corsair、Seasonic、ANTEC、オウルテック」です。

容量はグラフィックボードに合わせて選択すると良いです。

GTX1050~GTX1060/GTX1660系なら550W~650W、RTX2060/RTX2060S/RTX2070なら650W~750W、RTX2070S/RTX2080/RTX2080Tiなら750W以上を選択しましょう。

変換効率は80PLUS認証という規格があり、グレードごとにの6段階で分けられています。下からSTANDARD、BRONZE、SILVER、GOLD、PLATINUM、最上グレードがTITANIUMとなります。

グレードが上がるほど、省電力・低発熱・長寿命です。

まとめ

ツクモのゲーミングPCのおすすめを紹介しました。

AMDのCPUに力を入れているので、ラインナップが豊富なAMDから選びましょう。

そのうえでCPUとGPUのスペックを見て目的のモデルを探すと迷いがなくなります。

もし迷った場合は、この記事で紹介した目的別を参考にパソコンを選んでください。

いっちー

ハイスペックでも価格が高すぎないRyzen 9搭載のハイスペックマシンが得におすすめです。

▼目的別のおすすめモデル

目的 モデル
安い G-GEAR GA3A-A200/T2
ロースペック G-GEAR GA5A-D210/T
ミドルスペック G-GEAR GA7A-F210/T
ハイスペック
(特におすすめ)
G-GEAR GA9A-J203/XT
超ハイスペック G-GEAR neo GX9A-E204/XT

▼今回紹介したモデルの特徴

名称 CPU GPU メモリ ストレージ 価格(税込)
G-GEAR GA3A-A200/T2 Ryzen3 GTX1650 8GB 40GB SSD 79,800円
G-GEAR GA5A-D210/T Ryzen5 RTX3060 16GB 500GB SSD 139,800円
G-GEAR GA7A-F210/T Ryzen7 RTX 3060 16GB 500GB SSD 169,800円
G-GEAR GA9A-J203/XT Ryzen9 RTX3070 16GB 500GB SSD 249,800円
G-GEAR neo GX9A-E204/XT Ryzen9 RX 6900XT 32GB 1TB SSD 369,800円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)