Office2019を最安値で購入する方法!誰でも1番安く買う事が可能です

WordやExcelを使うならMicrosoft Officeが必須ですよね。でも高い。

少しでも安く買う方法があれば知りたいし、できれば最安値で購入する方法ならもっと良い。

そこでこの記事では、Microsoft Officeを最安値で購入できる3つの方法を紹介します。

いっちー

あなたに合った方法を使う事で、誰でも1番安く買えるでしょう。

Microsoft Office 2019の種類&定価!3つの方法で安く買う

Microsoft Office 2019は、収録されているソフトの種類に応じて定価が違います。

いっちー

まずは、それぞれの定価からみていきましょう。

Microsoft 365 Personal Office Personal 2019 Office Home & Business 2019 Office Professional 2019
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
Access
Publisher
OneDrive
Skype
台数 5台 2台 2台 2台
定価 12,984円/年 32,784円 38,284円 64,584円

以上がMicrosoft Office 2019の定価です。

この価格を安くする方法が3つあります。人によってどの方法で買えば良いかが違うので、まず確認してみましょう。

  1. Office単体が欲しいだけの方が使う方法
  2. パソコンの購入も検討している方が使う方法
  3. 学生または教職員の方が使う方法

この中のどれにあてはまりますか?

以下の章【1】~【3】で詳しく解説しているので、ご自身に合っている方法をご覧ください。

【1】Office単体の最安値はここ!家電量販店、大手ネット通販、公式サイトで価格を比較

Office単体の購入のみをお考えの方は、この章をご覧ください。

主なOfficeシリーズ4種類の価格比較をしました。

  • Microsoft 365 Personal
  • Office Personal 2019
  • Office Home & Business 2019
  • Office Professional 2019

調査した場所は家電量販店(ヤマダウェブコム、ビックカメラ.com、ヨドバシ.com)、大手ネット通販(楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング)です。

Microsoft 365 Personal

店舗 価格
家電量販店 12,970円~12,980円
大手ネット通販 11,581円~18,980万円
公式サイト 12,984円

Amazonが11,581円で最安値でした。

Office Personal 2019

店舗 価格
家電量販店 30,352円~32,770円
大手ネット通販 29,493円~32,780円
公式サイト 32,784円

Amazonが29,493円で最安値でした。

Office Home & Business 2019

店舗 価格
家電量販店 35,445円~38,270円
大手ネット通販 25,000円~38,280円
公式サイト 38,284円

Yahoo!ショッピングが25,000円で最安値でした。

Office Professional 2019

店舗 価格
家電量販店 60,908円~65,770円
大手ネット通販 59,193円
公式サイト 64,584円

Amazonが59,193円で最安値でした。ちなみに楽天とYahoo!ショッピングでは売っていませんでした。

Microsoft OfficeはAmazonで買うのが安い

Office Home & Business 2019のみYahoo!ショッピングが安かったですが、その他のOfficeはAmazonが安かったです。

Yahoo!ショッピングに関しては、今だけの可能性が高いです。

なのでMicrosoft Officeを安定して安く買いたいなら、Amazonが良いです。

Microsoft 365 Personal

Office Personal 2019

Office Home & Business 2019

Office Professional 2019

【2】パソコンと一緒ならMicrosoft Officeが安くなる

パソコンの購入も検討しているなら、Officeを単体で購入するよりも、パソコンに付属しているものを同時に購入する方が断然安いです。

購入するパソコンはMicrosoft社のパソコンでなくても良いです。Officeが付属されしていればOKなので、BTOメーカーの安いパソコンを買うと良いでしょう。

ASUS(R417YA-G2019TS)

Microsoft Office Home & Business 2019搭載のモデルです。メモリやストレージなど容量は少なめですが、書類作成をするだけなら良いでしょう。

定価であれば約4万円するOfficeソフトがついてパソコン価格が6万円なので、パソコンだけを見ると2万円で新品のパソコンが買えてしまう計算です。

価格 59,819円(税別)
オフィス Microsoft Office Home & Business 2019
OS Windows 10 S
インチ 14型
CPU AMD E2-7015 APU
メモリ 4GB
ストレージ SSD128GB
重量 約1.68kg
動作時間 約6時間

>>ASUSのOffice付きパソコンをみるicon

レノボ(Lenovo Ideapad S340)

安くてスペックが高いAMD Ryzen搭載で、メモリもストレージも普段使いなら不自由しない容量です。

Lenovo Ideapad S340のマイクロソフトオフィス付きのモデルですが、オフィスが付いてないモデルのあるので注意してください。

価格 72,072円(税込)eクーポン適用価格でお得
オフィス Microsoft Office Home & Business 2019
OS Windows 10 Home 64 bit
インチ 14型
CPU AMD Ryzen 5 3500U (2.10GHz 2MB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD256GB
重量 約1.55kg
動作時間 約11時間

>>ASUSのOffice付きパソコンをみる

マウスコンピューター(mouse X4-i5-A)

軽量でバッテリーの持ちが良いので、持ち運びが多い方におすすめです。

Microsoft Office Personal 2019搭載ですが、5,000円アップでMicrosoft Office Home & Business 2019にグレードアップ可能。

価格 113,080円(税込)
オフィス Microsoft Office Personal 2019
OS Windows 10 Home 64 bit
インチ 14型
CPU インテル Core i5-10210U
メモリ 8GB
ストレージ SSD256GB
重量 約1.13kg
動作時間 約12.0時間

>>マウスコンピューターのOffice付きパソコンをみる

【3】学生や教職員ならOffice Professional 2019が半額

学生や教職員なら「Office Professional 2019」と同じソフトが使える「Office Professional Academic 2019」が約半額で買えます。

価格でいうと6万円が3万円になります。

かなり安くなりますが、「Office Personal 2019」や「Office Home & Business 2019」など、そもそもの価格がもっと安いOfficeもあるので、高機能なOfficeがいらないなら3万円も出すのは損です。

とりあえずWordやExcelが使えたら良いって方は、Academic版は買わない方が良いです。

いやいや、「高機能なOffice Professional 2019を安く使いたい!」と言う方は、Academic版を半額で買いましょう。

Academic版が買える場所

Amazonか実店舗(家電量販店や大学生協)で購入が出来ます。

Amazon

学生向けのサービスであるPrime Student会員でないと、アカデミック版の価格では買えません。会員でないと、通常の価格になってしまいます。

理由として、Prime Student会員に登録する際に、学生しかもらえないメールアドレスと学生番号で学生かどうかを判断しているからです。

なので教職員はAmazonで安く買えません。次に紹介する家電量販店の実店舗で買うしかありません。

実店舗(家電量販店や大学生協)

実店舗(家電量販店や大学生協)では、学校教育法で定められた幼稚園、小学校、中学校、高等学校、盲学校、聾学校、養護学校、または各種学校申請を出している外国人学校の教職員と学生・生徒が購入対象です。

購入できるのはPOSAカード版で、学生証や教職員証が必要です。

Academic版の注意点

在学中だけでなく卒業後も利用できますが、商用利用は出来ません。

Office互換ソフトを使うという選択肢もあり

Microsoft Officeは最低でも3万円くらいは掛かかりますが、互換ソフトなら、無料で使えるものや数千円で買えるものがあります。

以下に代表的なものを表にしました。

製品名 価格
Apache OpenOffice 無料
LibreOffice 無料
WPS Office 2 3,762円(税込)
Polaris Office 2,980円(税込)
OfficeSuite 9,980円(税込)

今Office互換ソフトといえば、WPS Officeが有名です。メーカーのパソコンに付属している場合もあります。

がっつりOfficeソフトと使わないというライトユーザーであれば、Office互換ソフトのWPS Office 2でも良いんじゃないでしょうか。

買うなら元々が安いのでヤフオクやメルカリなど個人売買はせず、正規の商品を買った方が良いですね。

いっちー

アマゾンなどの大手ネット通販で売っています。人気なので売り切れの場合もあります。

注意
一部データが削除されてしまったり再編集できなくなるかもしれないと思っていた方が安心です。(あまり聞きませんが念のため)
 
またマクロも動かせますが、予測不能な動きをする可能性があるので、マクロについても使えないと思っていた方が良いでしょう。

まとめ

Microsoft Officeを最安値で購入する方法を解説しました。

単体購入ならAmazonです。パソコンと一緒ならもっと安くなります。

学生や教職員ならacademic版を買うとOffice Professional 2019と同等のOfficeが定価の半額で買えます。ですが、Office Personal 2019やOffice Home & Business 2019の単体をAmazonで買った方が価格だけ見ると安いです。

またMicrosoft Officeにこだわらないなら、Office互換ソフトも視野に入れてみても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)