MacBookは中古と新品どっち?故障リスクを考えてスペックと価格で判断

MacBookが欲しいけど本当に中古はお得なの?新品の方が良くない?とうように、どっちが良いか悩みますよね。

この記事では、中古MacBookとMacBook新品の違いと、どっちを買えば良いのかを解説します。

MacBookの価格比較!新品と中古の差額は?

新品価格と中古価格を比べると、同じ2020年モデルのMacBook Proで中古が半額以下となっています。ただしチップが違います。

MacBook Airに関して中古は、物によって半額くらいの価格ですが、少し安いくらいの価格のものもあります。

この事から新品のMacBookよりも中古の方が、半額くらいの価格で買える確率が高いです。

新品の価格

最新版のMacbookの価格を参考としてお伝えします。

MacBook Pro(13インチ)
13万~29万

MacBook Pro(16インチ)
25万~70万

MacBook Air(13インチ)
10万~27万

価格が一番安いのがMacBook Air。スペック的にMacBook Proに劣りますが軽さが売りです。

価格は高い傾向にありますが、スペック重視ならMacBook Proです。

いっちー

次に、中古Macbookになると、どれくらいの値下げがあるか見てみましょう。

中古の価格

2012年から2021年までの中古Macbookの価格を表にしました。

以下の表で価格を比較ました。価格をクリックすると、在庫一覧へ行けます。

世代 MacBook MacBook Pro MacBook Air
2021 26万
2020 9~20万 7~11万
2019 8~26万 7~11万
2018 8万~10万 8~16万 6~9万
2017 5~8万 6~14万 5~6万
2016 6~8万 5~13万 4~6万
2015 5~6万 5~8万 4~6万
2014 4~8万 3~6万
2013 4~7万 3~6万
2012 4~5万 3~6万

※価格は約価格です。

3~5年落ちのMacbookが定価の半額に価格が落ちついてきます。

いっちー

年式も新しくスペックも低くないので、中古の美味しいところを味わえるモデルとなります。

注意
5年以上古くなると価格も安くなりますが、故障のリスクが高くなるのであまりおすすめは出来ません。

関連記事
年式が新しいのに定価の半額で買える、Macbookの狙い目モデルについて解説しています。
【狙い目はコレ】MacBookの中古おすすめモデル!購入時の選び方2022年版

新品&中古MacBookのメリットとデメリット

新品と中古のメリットとデメリットから違いをみていきたいと思います。

新品のメリット・デメリット(保証が充実・価格が高い)

メリットは保証が充実しているのが大きいでしょう。またローンが組めます。

デメリットは価格が高い事です。

中古のメリット・デメリット(価格が安い・故障のリスク)

中古の最大のメリットは価格が安く買える事です。

デメリットは保証が無いか、あっても初期不良のみ保証というのが多いでしょう。

保証が無いと故障した場合の修理はと全て実費となります。

バッテリーの充放電回数を超えたことによる寿命など、中古にはリスクが多いことを覚えておきましょう。

関連記事
保証があって、中古でも安心してMacbookが買える店舗を紹介しています。
MacbookやiMacの中古はどこで買う?安くおすすめな店とサイト

どっちを買えば良い?スペックと価格で判断

ただし時と場合によります。どちらがお得かというのはハッキリと言えません。

ですが、目安となる基準をお伝えします。

その基準とは、スペックが落ちた割合に比例して価格も落ちていれば、買った方が良いです。スペックに対して価格が高ければ買わない方が良いです。

新品と中古の最大の違いは価格なので、価格とスペックに注目しましょう。

中古は何世代か前のものを買うのでスペックが落ちて価格も落ちるのが必然ですが、スペックがそこそこ高いのに価格だけがが安くなる時期というのがあります。

その時期とういのが、3~5年落ちのMacbook。定価の半額に価格が落ちついてきます。

その時期のMacbookに、保証の内容や使用による傷を考慮して購入の判断をするようにしましょう。

それぞれのパターンで解説します。

新機種を中古で買う場合

発売から2年ほどまでのモデルが、半額以下の価格になる事はありません。

なので、保証が無いけどこれくらいの価格なら納得できると思えれば買いでしょう。

例えば、定価20万円のMacbookが17万円になっていたとして、保証なしで3万円安く買えるのがお得と感じれば買い。

安く感じなければ買わない方が良いでしょう。

何世代か前のMacBookを中古で買う場合

何世代か前の中古を買う場合は、スペックと価格が適切かを判断する必要があります。その為には目的をハッキリさせて、その目的を果たすためのスペックを割り出します。

そして、そのスペックのMacBookの価格がいくらかを見て、保証期間終了後、壊れてもしょうがないと思えるなら買います。思えないなら買わない方が良いです。

中古である限り故障のリスクは高くなり、保証もない分、慎重にならなければなりません。

なのでスペックが低く保証がないMacBookをとにかく安く購入するか、保証付きの販売店で保証を付けて買うかのどちらかが良いでしょう。

関連記事
保証があって、中古でも安心してMacbookが買える店舗を紹介しています。
MacbookやiMacの中古はどこで買う?安くおすすめな店とサイト

まとめ

MacBookは中古が良いのか、新品が良いのか、について解説しました。

それぞれメリット・デメリットがあるので納得できる方を買うのが良いです。大きくは価格とスペック、そして保証内容です。

新品のMacBookはどうしても高くなりがちです。安くMacBookを買いたいですが、それぞれの特徴を理解して購入するようにしてください。

関連記事
▼中古Macを安心して買える店舗を解説しています。
MacbookやiMacの中古はどこで買う?安くおすすめな店とサイト

▼Apple製品を安く買う方法を解説しています。
Apple製品を安く買う方法!お得な割引購入なら公式がおすすめ

▼Appleの学割について解説しています。
Apple学割のiPad&Mac購入方法!対象の学生や店舗・証明のやり方まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)