【比較】ZEROスーパーセキュリティvsZEROウイルスセキュリティ!乗り換えるならどっち?

ZEROスーパーセキュリティとZEROウイルスセキュリティは、メーカーが同じで名前も良く似ているセキュリティソフトです。

名前は似ているのですが、性能や機能、動作の軽さなどに明らかな違いがあります。なので、どっちが良いかは目的によって変わってきます。

この記事では、以下の7項目について比較検証して、あなたに合うのはZEROスーパーセキュリティなのかZEROウイルスセキュリティなのか体験を元に解説します。

  • 価格
  • ウイルスの検出性能
  • ウイルス検出以外の機能
  • 使用可能OS
  • 軽さ
  • 使いやすさ
  • サポート

いっちー

僕的にはZEROスーパーセキュリティが良いです。

ZEROスーパーセキュリティ公式HPはこちら

「ZEROスーパーセキュリティ」vs「ZEROウイルスセキュリティ」7項目で比較

特徴が分かりやすいように表にまとめました。

項目 ZEROスーパーセキュリティ ZEROウイルスセキュリティ
価格 3,900円~5,900円 1,980円3,980円
ウイルスの検出性能 非常に良い 普通
ウイルス検出以外の機能 フィッシング詐欺対策に強い
保護者機能がない
保護者機能がない
使用可能OS Windows
Mac
Android
iOS
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 軽い 非常に軽い
使いやすさ 人による。僕はZEROスーパーセキュリティの方が使いやすい。
サポート 365日10:00~18:00 365日10:00~18:00
公式HP
ZEROスーパーセキュリティ公式HPはこちら
ZEROウイルスセキュリティ公式HPはこちら

以下より詳細を解説します。

いっちー

それぞれの違いを知って、あなたの好みに合った方のウイルスセキュリティーソフトをご使用ください。

価格

まずは価格から見ていきましょう。

注意
キャンペーン価格の場合は、キャンペーンが終わると価格も変わってくるので注意しましょう。

使用台数
使用期間
ZEROスーパーセキュリティ ZEROウイルスセキュリティ
永久1台 3,900円 1,980円
永久3台 5,900円 3,980円

価格についてはZEROウイルスセキュリティの方が安いです。

具体的には後で解説しますが、ウイルスセキュリティの方が性能も搭載されている機能も劣っているからです。

いっちー

価格だけをみると圧倒的にZEROウイルスセキュリティが安いですが、ウイルス検出の性能や使える機能が全然違うんですよ。

>>ZEROスーパーセキュリティの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

ウイルスの検出性能

ウイルスの検出性能は、第三者機関の2020年の評価を元に調査しました。

またウイルスの誤検出の精度も合わせて比較したいと思います。

第三者機関の評価

2020年の第三者機関による評価を以下の表にまとめました。

ZEROスーパーセキュリティ ZEROウイルスセキュリティ
AV-Comparatives Advanced+
(★★★)
Advanced
(★★)
AV-TEST TOP PRODUCT TOP PRODUCT

AV-TESTの評価は同じとなっていますが、AV-Comparativesの評価は★の数が多い方が優秀なので、ZEROスーパーセキュリティの方が性能が良いです。

誤検出の少なさ

ZEROスーパーセキュリティ ZEROウイルスセキュリティ
AV-Comparatives 不参加 不参加

ウイルスじゃないのにウイルスと検出してしまった数の評価は数値が低い方が優れています。

残念ながらこの評価は不参加で性能を評価することが出来ませんでした。

ちなみに有名ソフトのESETは1、カスペルスキーは3、Symantecは19、ウイルスバスターは81という結果です。

いっちー

今後、独自調査をして報告して報告したいと思います。

ウイルス検出以外の機能

ウイルス対策ソフトのメイン機能はウイルスの検出です。

ですがウイルスチェックを実行する範囲やネット全般における保護などなど、機能に違いがある事も知っておかなければなりません。

ここではZEROスーパーセキュリティとZEROウイルスセキュリティの安全機能の違いを比較していきます。

優れている機能
ZEROスーパーセキュリティ ⇒ フィッシング詐欺対策
 
ZEROウイルスセキュリティ ⇒ なし

いっちー

違いをよく理解してから購入した方が良いですよ。

搭載している機能の比較

まずは搭載している機能から比較します。

ZEROスーパーセキュリティ ZEROウイルスセキュリティ
マルウェア性能
ランサムウェア対策
ネットバンク保護
フィッシング対策
迷惑メール対策
保護者向け機能 ×
ファイアウォール

ZEROウイルスセキュリティには保護者機能がありません。これは子供が閲覧するサイトを制限したり、パソコンの使用時間を制限したり出来る機能です。

Windowsの機能を比較したので、Mac、Android、iOSはこの表では書いていませんが、他にもZEROウイルスセキュリティには無い機能があります。

また性能をとってもZEROウイルスセキュリティの方が劣っています。

ZEROスーパーセキュリティが優れている機能

  • フィッシング詐欺対策

搭載している機能をみてもZEROスーパーセキュリティの方が優れていますが、性能を見てもZEROスーパーセキュリティが優れています。

特にフィッシング詐欺対策はトップクラスの性能です。

フィッシング詐欺とはAmazonなどに似せた本物そっくりの偽サイトに誘導され、個人情報(ID、パスワード、クレジットカード番号など)を盗まれるものです。偽サイトへの誘導は電子メールやSNSが使われます。

またパソコンだけでなくネットに繋がる全てのデバイス(Mac、Android、iOS)がターゲットになります。

第三者機関のAV-comparativesで行われた2019年のAnti-Phishing Testsで、保護率がZEROスーパーセキュリティは98%でした。

ちなみに有名ソフトのカスペルスキーは94%です。

いっちー

ネットで買い物する時に、ZEROスーパーセキュリティは力強く守ってくれます。

>>ZEROスーパーセキュリティの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

使用可能OS

ZEROスーパーセキュリティ ZEROウイルスセキュリティ
Windows
Mac
Android
iOS

どちらも主要なOSで使用可能です。

いっちー

ただしどちらも保護者機能がありません。

軽さ

軽さを測る基準として、ZEROスーパーセキュリティとZEROウイルスセキュリティの公式サイトの動作環境の数値(スペック)をみました。

この数値が低くても動く方が軽いと推測できるからです。

注意
カスペルスキーの動作環境にはCPUの数値が書いていなかったので、OS、メモリ、ハードディスクの3つの数値で比較しました。
 
またAndroidの数値も書いてないものがあったので、記述がない個所もあります。ご了承ください。

動作環境

ZEROスーパーセキュリティ ZEROウイルスセキュリティ
OS Windows8.1~
macOS Sierra(v10.12)~
Android 5.0~
iOS 9.0~
Windows7~
OS X v10.13 High Sierra~
Android 4.0~
iOS 9.0~
メモリ Windows 1GB以上 Windows 1GB以上
ハードディスク >Windows 800MB以上 Windows 450MB以上

比較データをみるとZEROウイルスセキュリティの方が低スペックのパソコンでも動きます。

またZEROウイルスセキュリティが搭載しているエンジンである「K7 Total Security」は世界一の軽さです。

AV-Comparativesではベスト・オーバーオール・スピード2020を受賞していますし、AV-TEST AWARDではベスト・パフォーマンス2020を受賞しています。

いっちー

軽さを求めるならZEROウイルスセキュリティです。

使いやすさ

使いやすさに関しては人によって意見が違います。

例えば管理画面が直感で使えるか使えないかについてですが、アイコンがあった方が分かりやすいという方もいますね。

ちなみにZEROスーパーセキュリティの管理画面は以下のようなものです。

▲ZEROスーパーセキュリティの管理画面(ダッシュボード)

左に項目別のタブが並んでいます。全部で8種類なのでちょっと多い印象ですね。

上から「ダッシュボード」「保護」「プライバシー」「ユーティリティ」「通知」「マイアカウント」「設定」「サポート」です。

それぞれの詳細を見ていきましょう。

▲ZEROスーパーセキュリティの管理画面(保護)

▲ZEROスーパーセキュリティの管理画面(プライバシー)

▲ZEROスーパーセキュリティの管理画面(ユーティリティ)

▲ZEROスーパーセキュリティの管理画面(通知)

▲ZEROスーパーセキュリティの管理画面(マイアカウント)

▲ZEROスーパーセキュリティの管理画面(設定)

▲ZEROスーパーセキュリティの管理画面(サポート)

ここまでは特に難しいこともなかったと思います。

ただしZEROスーパーセキュリティには問題点がありました。

シリアル番号が認証されなかった
 

 
無料お試し版を使った時の事ですが、シリアル番号が認証されませんでした。
 
有料版を買えって事ですかね。(実際買いました。)いや、無料でお試しして使いやすいかったら購入したい人もいるでしょうし、正規の番号で使えないとか意味が分かりませんでした。

ゴミファイルが残る
カスペルスキーではなく別のウイルス対策ソフトESETでの出来事ですが、またZEROスーパーセキュリティをアンインストールしてESETをインストール仕直そうとすると、「BitDefender」というファイルがパソコンの中に残っていてインストール出来ず・・・。削除するのに大変でした。
 
これって管理画面の使いやすさとは違いますが、なんというかソフトを使うまでの設定が面倒って感じました。てかちゃんと動いてくれないし。

いっちー

簡単に使いたいってのがあるので、何かと問題があったZEROスーパーセキュリティは僕の中で無しってなりました。

次にZEROウイルスセキュリティの管理画面を見ていきましょう。

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(ホーム)

画面上にアイコンが並んでいて分かりやすい感じがしますが、メニュー内容がまとまってないので使いにくさを感じました。

各タブの詳細画像も以下で紹介します。

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(ウイルス検査)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(設定)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(エントリー情報)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(履歴)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(各種ツール)

アイコン自体に複雑さは無いですが、欲しい機能がどこにあるのかがすぐに分からないという問題点があります。

たとえばZEROウイルスセキュリティを使用するためにはアクセスキーの入力が必要なのですが、それはエントリー情報で記述します。

エントリー(参加)して使うって事ですが、普通にアクセスキーの入力とかにして欲しかったです。

他にも「ウイルス対策なのか」「個人情報の保護なのか」「外部アクセス対策なのか」といった事が、カテゴリー分けされていないので分かりにくかったです。

>>ZEROスーパーセキュリティの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

サポート

ZEROスーパーセキュリティ ZEROウイルスセキュリティ
電話 365日10:00~18:00 365日10:00~18:00
チャット 365日24時間受付 365日24時間受付

同じメーカーなのでサポートは同じです。

いっちー

サポートに優劣はあまりありませんでした。

乗り換えるならどっちを選べば良い?

ZEROスーパーセキュリティのメリットは、ZEROウイルスセキュリティと比べて性能が良いことです。

特にフィッシング詐欺対策の性能はセキュリティーソフトの中でもトップクラスです。

いっちー

●●

>>ZEROスーパーセキュリティの詳細をみる

ZEROウイルスセキュリティの良さは価格と軽さです。

安くて軽くて、一応のセキュリティ機能が付いているソフトが欲しい場合に向いています。

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

まとめ

ZEROスーパーセキュリティとZEROウイルスセキュリティを比較して違いを解説しました。

2つを比べると最大のメリットは、ZEROスーパーセキュリティは性能。ZEROウイルスセキュリティは価格と軽さです。

いっちー

何を重視するかをよく考えて、好みに合った方を使ってみてください。

項目 ZEROスーパーセキュリティ ZEROウイルスセキュリティ
価格 3,900円~5,900円 1,980円3,980円
ウイルスの検出性能 非常に良い 普通
ウイルス検出以外の機能 フィッシング詐欺対策に強い
保護者機能がない
保護者機能がない
使用可能OS Windows
Mac
Android
iOS
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 軽い 非常に軽い
使いやすさ 人による。僕はZEROスーパーセキュリティの方が使いやすい。
サポート 365日10:00~18:00 365日10:00~18:00
公式HP
ZEROスーパーセキュリティ公式HPはこちら
ZEROウイルスセキュリティ公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)