【比較】アバストvsZEROウイルスセキュリティ!乗り換えるならどっち?

世界で4億人が利用してるアバストと軽いと噂のZEROウイルスセキュリティ。どちらにしようか迷ってしまいますよね。

人気でも性能が低いと嫌ですし、高性能でも激重だと使いにくいです。僕自身どっちが良いのか悩んで2つとも使ってみました。

そこでこの記事では、以下の7項目について比較検証していきます。

  • 価格
  • ウイルスの検出性能
  • ウイルス検出以外の機能
  • 使用可能OS
  • 軽さ
  • 使いやすさ
  • サポート

あなたに合うのはアバストなのかZEROウイルスセキュリティなのか体験を元に解説します。

いっちー

僕的にはZEROウイルスセキュリティが良いです。

ZEROウイルスセキュリティ公式HPはこちら

「アバスト」vs「ZEROウイルスセキュリティ」7項目で比較

特徴が分かりやすいように表にまとめました。

項目 アバスト ZEROウイルスセキュリティ
価格 無料~12,980円 1,980円~3,980円
ウイルスの検出性能 非常に良い 普通
ウイルス検出以外の機能 機能が少ない 保護者機能がない
使用可能OS Windows
Mac
Android
iOS
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 軽い 非常に軽い
使いやすさ 人による。僕はアバストの方が使いやすい。
サポート 365日9:00~19:00 365日10:00~18:00
公式HP
アバスト公式HPはこちら
ZEROウイルスセキュリティ公式HPはこちら

以下より詳細を解説します。

いっちー

それぞれの違いを知って、あなたの好みに合った方のウイルスセキュリティーソフトをご使用ください。

価格

まずは価格から見ていきましょう。

注意
キャンペーン価格は、キャンペーンが終わると価格も変わってくるので注意してください。

アバストは無料版がある

機能が限定されますが、アバストはずっと無料で使える商品もあります。無料お試しではなく、いつまで使っても完全無料です。

使える機能は①ウイルスとマルウェアをブロック、②ランサムウェア対策。の2つです。

  • ウイルスとマルウェアをブロック
  • ランサムウェア対策

でも次の機能は使えません。

  • Wi-Fiネットワークのセキュリティを確認
  • 安全でない偽のウェブサイトを回避
  • フィッシングサイトから保護
  • リモートでのPCへの攻撃

アバストプレミアムセキュリティなら以上の4つの機能が搭載されていて年間2,980円から利用出来ます。

しかしプレミアムでもVPNには対応していません。VPNに対応しているのは、アバストアルティメットです。年間5780円から利用できます。

有料版の価格比較

使用台数 アバスト(プレミアム) アバスト(アルティメット) ZEROウイルスセキュリティ
1年1台 2,980円 4,980円
1年10台 3,980円 5,780円
2年1台 4,980円 7,980円
2年10台 5,980円 8,980円
3年1台 5,480円 10,980円
3年10台 6,980円 12,980円
永久1台 1,980円
永久3台 3,980円

価格についてはZEROウイルスセキュリティの圧勝です。

そもそもとしてZEROウイルスセキュリティは、1度購入してしまえば更新料がかからず、ずっと使い続けけることが出来ます。使えば使うほどお得になります。

いっちー

ZEROウイルスセキュリティが安いですが、価格だけでウイルス対策ソフトは決めない方が良いでしょう。ウイルス検出の性能や使える機能で選ぶ方が良いですよ。

>>アバストの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

ウイルスの検出性能

ウイルスの検出性能は、第三者機関の2020年の評価を元に調査しました。

またウイルスの誤検出の精度も合わせて比較したいと思います。

第三者機関の評価

2020年の第三者機関による評価を以下の表にまとめました。

アバスト ZEROウイルスセキュリティ
AV-Comparatives Advanced+
(★★★)
Advanced
(★★)
AV-TEST TOP PRODUCT TOP PRODUCT
SE Labs AAA 不参加
MRG Effitas 不参加 不参加
VIRUS BULLETIN 100 100 不参加

AV-Comparativesはアバストの方が良い評価を得ています。

AV-TESTはどちらも良い評価を得ています。

SE LabsとVIRUS BULLETIN 100はZEROウイルスセキュリティが不参加で比較できませんが、アバストは良い評価を得ています。

MRG Effitasはどちらも不参加で評価が分かりません。

いっちー

アバストの方がウイルス検出の性能が良いですね。

誤検出の少なさ

アバスト ZEROウイルスセキュリティ
AV-Comparatives 15 不参加

ウイルスじゃないのにウイルスと検出してしまった数は数値が低い方が優れています。

ちなみに有名ソフトのESETは1、McAfeeは9、Symantecは19という結果です。

これをみるとZEROウイルスセキュリティは不参加で比較が出来ませんが、アバストはまずまずの数値ではないでしょうか。

いっちー

ウイルス検出と誤検出をみるとアバストの方が少し良いですね。

ウイルス検出以外の機能

ウイルス対策ソフトのメイン機能はウイルスの検出です。

ですがウイルスチェックを実行する範囲やネット全般における保護などなど、機能に違いがある事も知っておかなければなりません。

ここではアバストとZEROウイルスセキュリティ安全機能の違いを比較していきます。

無い機能
アバスト ⇒ 迷惑メール対策、保護者機能
 
ZEROウイルスセキュリティ ⇒ 保護者機能

いっちー

それぞれ得意な分野が違います。違いをよく理解してから購入した方が良いですよ。

アバストは機能が少ない

アバストは無料または低価格で使えるウイルス対策ソフトですが、使える機能がZEROウイルスセキュリティより少ないです。

アバスト ZEROウイルスセキュリティ
マルウェア性能
ランサムウェア対策
ネットバンク保護
フィッシング対策
迷惑メール対策 ×
保護者向け機能 × ×
ファイアウォール

どちらも搭載されていない機能がありますが、アバストの方がその数が多いです。

アバストは迷惑メール対策と保護者機能がなく、ZEROウイルスセキュリティは保護者機能がありません。

>>アバストの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

使用可能OS

アバスト ZEROウイルスセキュリティ
Windows
Mac
Android
iOS

どちらも主要なOSで使用可能です。

いっちー

アバストは盗難防止機能と保護者向け機能がありません。 ZEROウイルスセキュリティは保護者機能がありません。

軽さ

軽さを測る基準として、アバストとZEROウイルスセキュリティの公式サイトの動作環境の数値(スペック)をみました。

この数値が低くても動く方が軽いと推測できるからです。

注意
動作環境にはCPUの数値が書いていなかったので、OS、メモリ、ハードディスクの3つの数値で比較しました。
 
またMacやAndroidの数値も書いてないものがあったので、記述がない個所もあります。ご了承ください。

動作環境

アバスト ZEROウイルスセキュリティ
OS Windows7~ Windows7~
OS X v10.13 High Sierra~
Android 4.0~
iOS 9.0~
メモリ Windows 1GB以上 Windows 1GB以上
ハードディスク Windows 2GB以上 Windows 450MB以上

項目を比較するとZEROウイルスセキュリティの方がより低スペックのパソコンでも動きます。

ZEROウイルスセキュリティが搭載しているエンジンである「K7 Total Security」は世界一の軽さです。

AV-Comparativesではベスト・オーバーオール・スピード2020を受賞していますし、AV-TEST AWARDではベスト・パフォーマンス2020を受賞しています。

いっちー

軽さを求めるならZEROウイルスセキュリティです。

使いやすさ

使いやすさに関しては人によって意見が違います。

例えば管理画面が直感で使えるか使えないかについてですが、アイコンがあると分かりやすいという方がいたりもします。

ちなみにアバストの管理画面は以下のようなものです。

▲アバストの管理画面(ステータス)

現在のパソコンの状態を表示しています。

▲アバストの管理画面(プロテクション)

読んで字のごとく、守る項目がここで表示されています。

▲アバストの管理画面(プライバシー)

プロテクション以外の、個人データに特化した項目がここで表示されています。

▲アバストの管理画面(メニュー)

右上のメニューにはアクティベートコードの入力、設定、支払い情報などセキュリティー以外の項目があります。

いっちー

僕的にアバストは、作りとか色味とかが好きな感じの管理画面ですが、ちょっと使いにくいのがデメリットです。

注意

あとですが、アバストのちょっと気になる記事を見つけました。2019年終わりから2020年初め頃に公になった情報ですが、アバストの子会社は過去7年間も使用者の情報を収集していたというものです。
 
この件では、アメリカの上院議員と調査したジャーナリストがアバストに責任を問うています。
 
悪いものから守ってくれるウイルス対策ソフトなのに、信用が出来なくなってしまいました。
 
参考 Avastのスキャンダル:AvastとAVGの推奨をやめた理由SafetyDetectives

参考 Avast Softwareがユーザーの個人情報を収集していた子会社の業務停止を決定Gifazine

次にZEROウイルスセキュリティの管理画面を見ていきましょう。

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(ホーム)

画面上にアイコンが並んでいて分かりやすい感じがしますが、メニュー内容がまとまってないので使いにくさを感じました。

各タブの詳細画像も以下で紹介します。

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(ウイルス検査)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(設定)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(エントリー情報)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(履歴)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(各種ツール)

アイコン自体に複雑さは無いですが、欲しい機能がどこにあるのかがすぐに分からないという問題点があります。

たとえばZEROウイルスセキュリティを使用するためにはアクセスキーの入力が必要なのですが、それはエントリー情報で記述します。

エントリー(参加)して使うって事ですが、普通にアクセスキーの入力とかにして欲しかったです。

他にも「ウイルス対策なのか」「個人情報の保護なのか」「外部アクセス対策なのか」といった事が、カテゴリー分けされていないので分かりにくかったです。

>>アバストの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

サポート

アバスト ZEROウイルスセキュリティ
電話 365日9:00~19:00 365日10:00~18:00
チャット 365日24時間受付
メール 365日24時間受付

若干ですがアバストの方が優秀です。ただしそれほど大きな違いはありません。

乗り換えるならどっちを選べば良い?

どちらが良いかというと、ちょっと難しい質問です。

どちらのセキュリティソフトもトータルで優れておらず、どこかが書けています。そこで何に優れているかで判断したいと思います。
アバストは無料で使えてウイルス検出の性能も高いですが、無料で使える機能は限定的です。また搭載されていない機能も多いです。

ZEROウイルスセキュリティはウイルス検出の性能はあまり高くありませんが、低価格で全ての機能を使えます。アバストのように無料だけど使える機能は限定されていません。

以上の事から、アバストは無料でウイルス検出だけ出来れば良い方、ZEROウイルスセキュリティは軽いソフトが欲しい方、低価格でセキュリティ全般の機能を使い方となります。

>>アバストの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

まとめ

アバストとZEROウイルスセキュリティを比較して違いを解説しました。

無料で使えるのが魅力のアバストですが機能はかなり制限されます。簡易的にとりあえず入れてみるというのも良いかもしれませんね。

性能的に高くないけど、とりあえずのセキュリティ機能が備わって、格安で動作が軽いZEROウイルスセキュリティです。

いっちー

何を重視するかをよく考えて、好みに合った方を使ってみてください。

項目 アバスト ZEROウイルスセキュリティ
価格 無料~12,980円 1,980円~3,980円
ウイルスの検出性能 非常に良い 普通
ウイルス検出以外の機能 機能が少ない 保護者機能がない
使用可能OS Windows
Mac
Android
iOS
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 軽い 非常に軽い
使いやすさ 人による。僕はアバストの方が使いやすい。
サポート 365日9:00~19:00 365日10:00~18:00
公式HP
アバスト公式HPはこちら
ZEROウイルスセキュリティ公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)