【比較】ESETvsマカフィー!乗り換えるならどっち?

軽いと噂のESETとパソコンを買うと付いてくる時もあるマカフィーリブセーフ(通称:マカフィー)。どちらが良いか迷ってしまいますよね。

ウイルス検出能力が高くて軽い、サポートも長い方が良い!などなど、希望を上げればキリがありません。

そこでこの記事では、以下の6つの項目について比較検証しました。

  • 価格
  • ウイルスの検出性能
  • ウイルス検出以外の機能
  • 使用可能OS
  • 軽さ
  • 使いやすさ
  • サポート

あなたに合うのはESETなのかマカフィーなのか経験を元に解説します。

いっちー

僕的にはESETが使いやすくて良かったです。

ESET公式HPはこちら

「ESET」vs「マカフィー」7項目で比較

特徴が分かりやすいように表にまとめました。

項目 ESET マカフィー
価格 4,950円~10,780円 5,980円~9,980円
ウイルスの検出性能 非常に良い 良い
ウイルス検出以外の機能 迷惑メール対策に対応のメールソフトに違いがある。
使用可能OS Windows
Mac
Android
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 非常に軽い 軽い
使いやすさ 人による。僕はESETの方が使いやすい。
サポート サポート版は電話の時間が長い 通常で電話の時間が長い
公式HP
ESET公式HPはこちら
マカフィー公式HPはこちら

以下より詳細を解説します。

いっちー

それぞれの違いを知って、あなたの好みに合った方のウイルスセキュリティーソフトをご使用ください。

価格

価格が安くお得なのは、どちらか見ていきましょう。

使用期間が1年の商品の価格

使用台数 ESET ESET(パソコンサポート付き) マカフィー
1台 4,950円 5,478円
5台 7,480円 10,780円
無制限 5,980円

まずは使用期間が1年の商品で比較です。

価格だけをみるとESETの4,950円が最安値となりますが、使用台数が1台までの制限があります。パソコン1台でしか使わないのならこれで問題ありません。

ただし2台以上で使用する予定があるのならマカフィーの方がお得です。使用可能な台数が無制限で5,980円なので使えば使うほどお得になります。

使用期間が3年の商品の価格

使用台数 ESET ESET(パソコンサポート付き) マカフィー
1台 5,940円 9,680円
5台 7,800円 10,780円
無制限 9,980円

使用可能な期間が3年の製品の場合、5台までならESETがお得です。

ただしパソコンサポート付きを選択するとマカフィーよりも高くなっていしまいます。通常のESETとパソコンサポート付きのESETの違いは、電話サポートの時間です。

  • ESET:平日9:00~17:00
  • ESET(パソコンサポート付き):365日9:00~21:00
  • マカフィー:365日9:00~21:00

電話サポートを充実させたい場合は、1台までならESET、2台以上で利用する予定があるならマカフィーの方がお得です。

いっちー

ここまで価格を比較してきましたが、ウイルス対策ソフトは安全を買うものです。価格だけで決めず性能で決める方が良いでしょう。

ウイルスの検出性能

ウイルスの検出能力は第三者機関の2020年の評価を元に比較しました。また検出性能だけでなく、誤検出の少なさも合わせて性能の評価としています。

第三者機関の評価

2020年の第三者機関による評価を以下の表にまとめました。

ESET マカフィー
AV-Comparatives Advanced+
(★★★)
Advanced
(★★)
AV-TEST TOP PRODUCT TOP PRODUCT
SE Labs AAA AAA
VIRUS BULLETIN 100 100 不参加

ESETの方が優れています。

誤検出の少なさ

ESET マカフィー
AV-Comparatives 1 9

ウイルスじゃないのにウイルスと検出してしまった数の評価は数値が低い方が優れています。

これをみるとESETの方が数が少なく優れています。ちなみに有名ソフトのカスペルスキーは3、Symantecは19という結果です。

いっちー

ESETの誤検出の少なさはトップクラスです。

>>ESETの詳細をみる

>>マカフィーの詳細をみる

ウイルス検出以外の機能

迷惑メール機能に対応しているメールソフトを比較しました。

迷惑メール対応メールソフト

メールソフトの対応状況は次のようになっています。

ウイルスメールではなく迷惑メールの対応状況です。

ESET マカフィー
Microsoft Outlook 2000~2019
Microsoft Outlook Express
Windows Mail v6.0
Windows Live Mail 2009~2012
Microsoft Outlook 2010~2019
Thunderbird 38.0 以降

対応している数が多いのはESETですが、Thunderbirdに対応しているのはマカフィーです。

ご利用のメールソフトが対応しているか確認しましょう。

いっちー

僕はThunderbirdを使っているのですが、迷惑メール機能は切り捨ててESETを使っていました。こういう割り切りも大切です。

注意
「迷惑メール対策」と「メールのウイルスチェック対策」は別物なので混同しないようにしましょう。
 
メールのウイルスチェック対策にメールソフトの違いは関係ありません。ESETもマカフィーもメールのウイルスチェックはしてくれます。

使用可能OS

ESETとマカフィーが使えるOSは以下のようになっています。

ESET マカフィー
Windows
Mac
Android
iOS ×

ESETはiOSで使えないのが最大のネックポイントです。

いっちー

iOSにウイルスセキュリティーの導入を考えている人はマカフィー1択となります。

いっちー

ただしマカフィーのiOSで使える機能に不正サイトブロックはありません。注意してください。

>>iOSで使えるマカフィーの詳細をみる

>>ESETの詳細をみる

軽さ

軽さを測る基準として、ESETとカスペルスキーの公式サイトの動作環境の数値(スペック)をみました。

この数値が低くても動く方が軽いと推測できるからです。

注意
マカフィーにメモリの数値が書かれていなかったので、OS、CPU、ハードディスクで比較します。またマカフィーにはWindows以外の情報がない場合もあります。ご了承ください。

動作環境

ESET マカフィー
OS Windows7~
OS X v10.9 Mavericks~
Android 4.1~
Windows8~
Mac OS 10.15~
Android 4.2~
iOS 10~
CPU Windows(1GHz以上)
Android(500MHz以上 / ARM7以上)
Windows(1GHz以上)
ハードディスク Windows 320MB以上
Mac 150MB以上
Android 20MB以上
500MB以上

全体的な傾向としてESETの方がワンランク下のパソコンでも動作できる計算になります。つまりESETの方が圧倒的に軽いとなります。

僕は2つのソフトを使った事があるのですが、確かにESETは非常に軽かったです。

いっちー

ウイルスセキュリティーソフトはどうしてもパソコンの動作が重くなりがちなのですが、ESETを使っていて重くなった記憶がありません。

>>軽さが凄いESETの詳細をみる

使いやすさ

使いやすさに関しては人によって意見が違います。

例えば管理画面が直感で使えるか使えないかについては、ESETが分かりにくいという人もいますが、僕は使いやすかったです。

ちなみにESETの管理画面は以下のようなものです。

▲ESETの管理画面(ホーム)

左に項目別にタブがあります。

項目は「ホーム」「コンピューターの検査」「アップデート」「ツール」「設定」「ヘルプとサポート」の順に並んでします。

それぞれを詳しく見ていきますね。

▲ESETの管理画面(コンピューターの検査)

コンピュータの検査は、手動で今すぐウイルスチェックする場合にクリックします。

▲ESETの管理画面(アップデート)

アップデートは、最新の定義ファイルにしたい場合にクリックします。通常は触る必要はありません。

▲ESETの管理画面(ツール)

ウイルスチェック以外の保護機能(ツール)があります。特に触る必要はありません。

▲ESETの管理画面(設定)

どんな保護がされているかの確認画面です。保護を一時的に切りたい場合は触りますが、基本的にはノータッチです。

▲ESETの管理画面(ヘルプとサポート)

そのまんまの意味ですね。使い方などで分からない事があったら、まずはここを見てみると良いです。

いっちー

以上でESETの説明は終わりますが、特に難しいことはなかったと思います。

次にマカフィーの管理画面を見てみましょう。

▲マカフィーの管理画面(ホーム)

上のタブは「セキュリティ」「パソコンの最適化」「プライバシー」「アカウント情報」となっています。

ESETと比べ大きな違いはメニュータブが左か上の違いです。またマカフィーはシンプルさが無くごてごてしている感じなので、個人的には好みではありません。

マカフィーの管理画面は、まとまり感が無いって感じです。

▲マカフィーの管理画面(セキュリティ)

▲マカフィーの管理画面(パソコンの最適化)

▲マカフィーの管理画面(プライバシー)

▲マカフィーの管理画面(アカウント情報)

▲マカフィーの管理画面(有効機能の確認)

いっちー

簡単に使いたいってのがあるので、マカフィーは僕の中で無しってなりました。

>>ESETの使いやすさを試してみる

>>マカフィーの使いやすさを試してみる

サポート

ESET ESET(パソコンサポート付き) マカフィー
電話 平日9:00~17:00 365日9:00~21:00 365日9:00~21:00
Webの専用フォーム 365日24時間受付 365日24時間受付
チャット 365日24時間受付

ESETとマカフィーどちらも電話サポートの時間が長く365日対応してもらえます。この部分は共通です。

また電話以外のサポートで、ESETのWebの専用フォームは24時間受付ですが、返信は営業時間内に行われます。

いっちー

マカフィーのチャットは24時間365日対応ですが、人ではなくコンピュータが対応するので問題解決できない可能性もあります。

>>ESETシリーズの詳細をみる

>>マカフィーの詳細をみる

乗り換えるならどっちを選べば良い?

僕なら迷わずESETを選びます。

というのもESETとマカフィーを比べると、ESETの方がウイルスの検出性能が高いからです。

いっちー

ウイルス対策ソフトで重要なのはパソコンを守る事です。ウイルスの脅威から身を守る性能が高いESETにする方が良いでしょう。

>>性能が凄いESETの詳細をみる

マカフィーは低価格で台数無制限で利用できるのが魅力です。

少しウイルス検出能力は落ちますが、5台以上のパソコンで利用したい方はマカフィーを検討してみても良いかもしれませんね。

>>台数無制限のマカフィーの詳細をみる

まとめ

ESETとマカフィーを比較して特徴の違いを紹介しました。

ウイルス検出性能が高いESETの方がおすすめです。ただし5台以上のパソコンで利用する場合は、マカフィーを選ぶ事で費用を大幅に抑える事が可能です。

いっちー

何を重視するかをよく考えて、好みに合った方を使ってみてください。

項目 ESET マカフィー
価格 4,950円~10,780円 5,980円~9,980円
ウイルスの検出性能 非常に良い 良い
ウイルス検出以外の機能 迷惑メール対策に対応のメールソフトに違いがある。
使用可能OS Windows
Mac
Android
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 非常に軽い 軽い
使いやすさ 人による。僕はESETの方が使いやすい。
サポート サポート版は電話の時間が長い 通常で電話の時間が長い
公式HP
ESET公式HPはこちら
マカフィー公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)