おすすめはこれ!15万~20万円のゲーミングPC 10機種を比較

15万~20万円で買えるゲーミングノートPCは、重いゲームでもプレイ可能。

軽いゲームなどタイトルによっては、「WQHD(2560×1440)」や「4K(3840×2160)」でも遊べてしまいます。

ただし、完璧なモデルかと言うとそうでもなくて、予算内で高性能なパーツを搭載するとなると、冷却性能が低いなど注意しなければならない点も・・・

この記事では、15万~20万円のゲーミングPC10機種を比較して、おすすめを3機種を紹介。また、搭載すべきパーツやプレイ可能なタイトルなども紹介しています。

いっちー

重いゲームもガンガン遊びたいって方は、20万円のゲーミングPCが良いでしょう。

予算20万円ーミングPCの理想スペックはどれくらい?

20万円という予算の中で、最高のゲーミングPCを購入しようとした場合の理想のスペックを紹介します。

理想スペック
  • GPU:GeForce RTX 3060 Ti
  • CPU:Core i7(11世代以上)
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:500GB

いっちー

このスペックが理想の理由を解説していきますね。

GPU:GeForce RTX 3060 Tiが理想な理由

素早い描写や複雑な情報を正確に映し出すパーツである「GPU」が1番重要で、可能な限りスペックを上げたいパーツ。

15万円以下で構成を考えた場合、GeForce RTX 3060 Tiが理想です。

ワンランク上の「GeForce RTX 3070」を搭載すると、20万円以上になってしまうし、ワンランク下の「GeForce RTX 3060」にすると、性能が約10%も落ちるのでおすすめ出来ません。

GeForce RTX 3060 Tiの性能
理想スペックの「GeForce RTX 3060 Ti」が搭載されたパソコンは、重いゲームでも「FHD(1920×1080)」で「60fps」の数値でプレイが可能です。
 
ちなみに、「イバーパンク2077」「モンスターハンター:ワールド」「FF15」などが重いゲーム。
 
「Apex Legends」「フォートナイト」「PUBG」などの軽いゲームなんかは、「WQHD(2560×1440)」や「4K(3840×2160)」でも遊べてしまいます。

CPU:Core i7(11世代以上)が理想な理由

CPUは必ずしも高スペックである必要はなく、GPUの性能を最大限に引き出すことが出来ればOKです。

GPU「GeForce RTX 3050 Ti」の性能を引き出すには、CPU「Core i7(11世代以上)」であれば問題ありません。

メモリ:16GBが理想な理由

最近のゲームは負荷が大きく8GBでは容量不足。最低でも16GBが推奨されています。

とはいえ、32GBなら高いフレームレートでゲームプレイしたり、ゲームをしながら他の作業(ゲーム配信やブラウザの立ち上げなど)も可能に。

いっちー

カスタマイズで32GBにアップする場合は約2万円です。余裕が欲しい方はアップしておいても良いでしょう。

ストレージ:500GBが理想な理由

ストレージはどれくらいあれば良いというのが一概に言えないパーツです。

というのも、必要な容量はインストールするタイトルの大きさと数によって変わるからです。

軽いゲームなら少ない容量でも良いですし、重いゲームや複数のゲームで遊びたいなら大きな容量が必要です。

目安として500GBあれば、重さにもよりますが5~6個のゲームがインストール可能です。

いっちー

以下より、理想スペックのおすすめゲーミングノートPCの紹介を解説します。

理想スペック!おすすめの15万~20万円ーミングPC 3機種

15万~20万円で買えるおすすめのゲーミングPCを10機種比較して、理想スペックを満たしていた3機種を紹介します。

パソコン工房
LEVEL-M056-117-SAX
パソコン工房
LEVEL-M0P5-R73X-SAX
ツクモ
G-GEAR / GA7J-F211T_CP4
税込価格 194,980円~ 185,980円~ 189,800円
GPU RTX 3060 Ti RTX 3060 Ti RTX 3060Ti(LHR)
(注意1)
CPU Core i7 Ryzen 7 Core i7
メモリ 16GB 16GB 16GB
ストレージ 500GB 500GB 1TB
公式HP
公式HPへ
icon
公式HPへ
icon
公式HPへ

全て理想スペックを満たしていますが、それぞれ違った以下の特徴があります。

パソコン工房「LEVEL-M056-117-SAX」⇒ CPUに内蔵グラフィックがある

パソコン工房「LEVEL-M0P5-R73X-SAX」⇒ CPUにRyzen 7搭載

ツクモ「G-GEAR / GA7J-F211T_CP4」⇒ 冷却性能が高い

注意1
LHRとは、Lite Hash Rateの略で、仮想通貨マイニング時に、少ない消費電力で高いハッシュレート(パフォーマンス)を実現するように作られたGPUの事です。
 
仮想通貨マイニングとは、中央銀行がなく運営者がいない仮想通貨の管理運営(取引記録の作成)をする事です。
 
仮想通貨マイニングをする予定がない人は、LHR版でも問題ありません。

それぞれの詳細を以下より解説します。

いっちー

価格は記事掲載当時のものです。パーツの高騰により価格が上がる事があるので注意してください。

パソコン工房「LEVEL-M056-117-SAX」|CPU内蔵グラフィックで安心

価格 税込194,980円~
GPU GeForce RTX 3060 Ti
CPU Core i7-11700
メモリ DDR4-2933 DIMM (PC4-23400) 16GB(8GB×2)
SSD 500GB NVMe対応 M.2 SSD
ケース ミニタワー
電源 700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

まずチェックしたいのが、パソコン工房「LEVEL-M056-117-SAX」です。

今回紹介するモデルで唯一、CPU内蔵グラフィックを搭載しているのが最大の魅力です。

ゲームをするにはGPUが必要ですが、万が一故障してしまったときにCPU内蔵グラフィックがないと、映像を画面に映す事が出来ずパソコンとしての価値を失います。

CPU内蔵グラフィックは、ゲーム性能が上がるなどではありませんが搭載しているいる事で安心度が増します。

いっちー

安心してパソコンを使用したい方に向いているモデルです。

公式HPで詳細を確認
icon

パソコン工房「LEVEL-M0P5-R73X-SAX」|Ryzenのファン向け

価格 税込185,980円~
GPU GeForce RTX 3060 Ti
CPU Ryzen 7 3700X
メモリ DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2)
SSD 500GB NVMe対応 M.2 SSD
ケース ミニタワー
電源 700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

このモデルは、CPUにCore i7(11世代)と同等の性能がある、「Ryzen 7」を使っているのが特徴です。

ゲームはシングル性能が高いCore i系が良くて、マルチ性能が高いRyzen系は不向きといわれますが、FXシリーズの頃と比べるとRyzenはシングル性能も高くなっています。

また、14nmプロセスで設計されているCore i系よりも、7nmプロセスで設計されているRyzen系の方が高性能な面もあります。

ゲームにおいてCore i系とRyzen系のどちらが向いているかは、タイトルによったりもするのでハッキリと言った答えが無いのですが、Ryzen系が好きというならパソコン工房「LEVEL-M0P5-R73X-SAX」が良いでしょう。

いっちー

CPUはRyzen系が良い方に向いているモデルです。

公式HPで詳細を確認
icon

ツクモ「G-GEAR / GA7J-F211T_CP4」|冷却性能が一番

価格 税込189,800円
GPU GeForce RTX 3060Ti(LHR)
CPU Core i7-11700F
メモリ 16GB RAM
SSD 1TB SSD(M.2 NVMe)
ケース ミドルタワー
電源 CWT製 GPS750S-T (定格750W) 80PLUS GOLD認証

このモデルは、ミドルタワーで冷却性能が高いのが特徴です。

今回おすすめするモデルで唯一、ミドルタワーケースを使用しています。

ミニタワーと比べてミドルタワーはケース内が広いので、空気の通り道が広く熱がこもりにくくなっています。

また、ツクモ特別仕様のM.2 SSDを冷却するM.2ヒートシンクの採用により、熱暴走によるデータの損失も防ぐように設計されています。

他にも、モデル中最大のポート数を確保。高速なUSB3.2 Gen2x2やUSB3.2 Gen2x1 Type A+C搭載で拡張性がアップします。

いっちー

冷却性能にこだわりたい方に向いているモデルです。

公式HPで詳細を確認

今回紹介した、おすすめの3選

パソコン工房
LEVEL-M056-117-SAX
パソコン工房
LEVEL-M0P5-R73X-SAX
ツクモ
G-GEAR / GA7J-F211T_CP4
内蔵グラフィック搭載で万が一GPUが故障しても安心。 AMD Ryzenのファンならこのモデル。 ミドルタワーとM.2ヒートシンクで冷却性能アップ。
公式HPへ
icon
公式HPへ
icon
公式HPへ

理想スペック満たせず!性能が劣るので落選した、その他の7機種

先ほど紹介したおすすめモデルよりもCPUまたはGPUのスペックが劣ります。

ですが、価格が安いモデルであったりメーカー保証が充実しているなど、スペック以外のメリットも見逃せません。

名称 価格
(税込)
GPU CPU メモリ ストレージ
マウス
G-Tune HM-B-3060Ti
197,780円~ RTX 3060 Ti Core i7 16GB 512GB
セブン
ZEFT Gaming PC
194,480円 RTX 3060 Ti Core i5 16GB 500GB
パソコン工房
LEVEL-M056-114F-SAX-MZKR
163,980円~ RTX 3060 Ti Core i5 16GB 500GB
パソコン工房
LEVEL-M0P5-R535-SAX
157,980円~ RTX 3060 Ti Ryzen 5 16GB 500GB
ツクモ
G-GEAR GA7J-F211/T
187000円~ RTX 3060 Core i7 16GB 500GB
マウス
G-Tune EN-A-6600XT
197,780円~ RX 6600 XT Ryzen 7 16GB 512GB
フロンティア
FRGAH570F/SG13/NTK
189,800円 GTX 1660 Super Core i7 16GB 512GB

それぞれのモデルの詳細は以下より紹介しています。

マウス「G-Tune HM-B-3060Ti」

価格 税込197,780円~
GPU GeForce RTX 3060 Ti
CPU Core i7-10700F
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
SSD 512GB (NVMe)
ケース ミニタワー
電源 700W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUS BRONZE】
重量 約10.7kg

公式HPで詳細を確認

セブン「ZEFT Gaming PC」

価格 税込194,480円
GPU GeForce RTX 3060 Ti
CPU Core i5-11400
メモリ 16GB DDR4メモリ DDR4-3200
SSD 500GB SSD m.2/NVMe対応 WD製
ケース ミドルタワー
電源 600W 電源ユニット 80Plus Bronze認証

公式HPで詳細を確認

パソコン工房「LEVEL-M056-114F-SAX-MZKR」

価格 税込163,980円~
GPU GeForce RTX 3060 Ti
CPU Core i5-11400F
メモリ DDR4-2933 DIMM (PC4-23400) 16GB(8GB×2)
SSD 500GB NVMe対応 M.2 SSD
ケース ミニタワー
電源 700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

公式HPで詳細を確認
icon

パソコン工房「LEVEL-M0P5-R535-SAX」

価格 税込157,980円~
GPU GeForce RTX 3060 Ti
CPU Ryzen 5 3500
メモリ DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2)
SSD 500GB NVMe対応 M.2 SSD
ケース ミニタワー
電源 700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

公式HPで詳細を確認
icon

ツクモ「G-GEAR GA7J-F211/T」

価格 税込187000円~
GPU GeForce RTX 3060
CPU Core i7-11700
メモリ 16GB (8GB x2枚) DDR4-3200 メジャーチップ採用
SSD [高速M.2 Gen3] 500GB WD BLUE SN550 (読込最大 2400MB/s, 書込最大 1750MB/s, NVMe)
ケース ミドルタワー
電源 【80PLUS GOLD認証】 CWT製 GPS750S-T (定格750W)

公式HPで詳細を確認

マウス「G-Tune EN-A-6600XT」

価格 税込197,780円~
GPU Radeon RX 6600 XT
CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
SSD 512GB (NVMe) ハードディスク2TB
ケース ミドルタワー
電源 700W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUS BRONZE】
重量 約12.8kg

公式HPで詳細を確認

フロンティア「FRGAH570F/SG13/NTK」

価格 税込189,800円
GPU GeForce GTX 1660 Super
CPU Core i7-11700KF
メモリ 16GB (8GB x2)
SSD 512GB M.2 NVMe SSD / 2TB HDD
ケース ミドルタワー
電源 850W ATX電源 80PLUS GOLD (日本製コンデンサ仕様)

公式HPで詳細を確認

落選した、その他の7機種

名称 価格
(税込)
GPU CPU メモリ ストレージ
マウス
G-Tune HM-B-3060Ti
197,780円~ RTX 3060 Ti Core i7 16GB 512GB
セブン
ZEFT Gaming PC
194,480円 RTX 3060 Ti Core i5 16GB 500GB
パソコン工房
LEVEL-M056-114F-SAX-MZKR
163,980円~ RTX 3060 Ti Core i5 16GB 500GB
パソコン工房
LEVEL-M0P5-R535-SAX
157,980円~ RTX 3060 Ti Ryzen 5 16GB 500GB
ツクモ
G-GEAR GA7J-F211/T
187000円~ RTX 3060 Core i7 16GB 500GB
マウス
G-Tune EN-A-6600XT
197,780円~ RX 6600 XT Ryzen 7 16GB 512GB
フロンティア
FRGAH570F/SG13/NTK
189,800円 GTX 1660 Super Core i7 16GB 512GB

ゲーミングPCのパーツの選び方

ゲーミングPCで特に重要なパーツはGPU(グラフィック)とCPU(プロセッサ)になります。

  1. GPU(グラフィック)
  2. CPU(プロセッサ)

この2つの性能は必ず見るようにしましょう。

最も重要なパーツ「GPU(グラフィック)」

中でも、最も重要なパーツ「GPU(グラフィック)」は、映像を画面に映しだすパーツ。スペックが高いと、綺麗でカクツキのない描写が可能となります。

逆にスペックが低いと、画像が荒く表示されたり、ゲームの動きにGPUがついていかずカクカクとした動きになったりするので、ゲームを楽しめません。

いっちー

プレイするゲームが重たければ重たいほど、グラフィックのスペックも高い性能が必要になります。

「CPU(プロセッサ)」はGPUとの相性を考えて

次に重要なパーツ「CPU(プロセッサ)」ですが、性能が高ければ良い!と言うわけではありません。

ゲームだけを考えるなら、グラフィックの性能を引き出せるパワーがプロセッサにあれば十分。

必要以上に高くなくても良いでしょう。

とはいえ、プロセッサの性能が高いからといって悪い訳では無く、ゲーム以外に、以下のような作業をする方に高性能プロセッサは、むしろ合っているといえます。

  • 動画編集、RAW現像、DTMなどクリエイティブな作業をする方
  • 動画視聴しながらネット検索をするなど、同時に複数のアプリを使用する方

いっちー

動画編集などの高負荷作業や、いくつものアプリを立ち上げた時のようにCPU使用率が高くなる場合は、高性能CPUの方が向いています。

プロセッサの性能が低い場合は要注意
この場合、せっかく高性能なグラフィックを搭載していても本来の性能を発揮できません。
 
プロセッサの性能が低い場合は、購入時のカスタマイズでスペックを上げるようにすると良いでしょう。

GPU「GeForce RTX 3060 Ti」でプレイ可能なゲーム

15万~20万円のゲーミングノートに使われているGPUで、どんなゲームがプレイできるかお伝えします。

まず、基準として「FHD(1920×1080)」で「60fps」であれば、重いゲームでもプレイ可能と思って良いでしょう。

問題になってくるのは、重いゲームで「WQHD(2560×1440)」や「4K(3840×2160)」でプレイした場合のフレームレートです。

ここでは、それらのプレイ可否についてお伝えします。

高設定でも、60fpsでプレイ可能なら「〇」、30fpsなら「△」、30fps以下は「×」で表示しています。

ゲームタイトル WQHD 4K
ウォッチドッグス レギオン
Horizon Zero Dawn
レッド・デッド・リデンプション2
ボーダーランズ3
PSO2 ニュージェネシス
FF15
サイバーパンク2077 ×

今回紹介するタイトルでは、サイバーパンク2077を除く全てのタイトルで高設定のWQHDでも60fpsを出すことが可能です。

それほど高性能なGPUですが、4Kになってくると30fpsまでのフレームレートしか出せなくなってしまいます。

超高画質でプレイしたい方はもっと性能の良いGPUを搭載したモデルを検討する方が良いでしょう。

以下のような軽いゲームや中程度の重さのゲームであれば、高設定のFHD(1920×1080)でも100fps以上でプレイ出来るので、低負荷のゲームを高フレームレートでプレイしたい場合に向いているGPUです。

軽いゲーム
Apex Legends
PUBG
フォートナイト
VALORANT

中程度の重さのゲーム
シャドウオブザトゥームレイダー
ファークライ ニュードーン
FF14

パソコン工房
LEVEL-M056-117-SAX
パソコン工房
LEVEL-M0P5-R73X-SAX
ツクモ
G-GEAR / GA7J-F211T_CP4
内蔵グラフィック搭載で万が一GPUが故障しても安心。 USB3.1のTYPE-CとAを搭載なので周辺機器の拡張性がアップ。 ミドルタワーとM.2ヒートシンクで冷却性能アップ。
公式HPへ
icon
公式HPへ
icon
公式HPへ

注意
表で紹介したタイトルがプレイ出来る全てではありません。
 
軽いゲーム、中程度の重さのゲーム、重いゲームの目安としてご覧ください。

15万~20万円ゲーミングノートの注意点

注意点を解説します。

GPUは予算内で最高のものをチョイスする

15万~20万円で販売されているゲーミングPCには、スペック低いものから高いものまで様々なGPUが搭載されています。

2万円の差とかで性能が全然違ってきたりするので、20万円の予算内で最高スペックのGPU搭載モデルを選ぶ方がお得です。

僕が調査したところ、以下のGPUが使われていました。

モデル名 ベンチマーク性能
GeForce RTX 3060 Ti 73.89
GeForce RTX 3060 62.28
Radeon RX 6600 XT 58.29
Radeon RX 6600 50.66
GeForce GTX 1660 Ti 44.17
GeForce GTX 1660 43.62

technical cityのベンチマーク性能の数値を見ると、約2倍の性能差があります。(数値が高い方が高性能)

15万~20万円のゲーミングPCでは、搭載されているGPUにこれだけの違いがあるので、ちょっと安いからといって低スペックGPU搭載のパソコンを買わないようにしましょう。

重いゲームもプレイ可能だが快適ではない

20万円までのゲーミングPCに搭載可能なGPUでは、重いゲームも高設定で60fpsでプレイが可能です。

ですが、WQHDが4Kになると60fpsが出せない場合もあるので、もっと高性能なGPUを搭載した方が余裕が生まれます。

ギリギリ重たいゲームがプレイ可能という認識の方が良いかもしれません。

また、20万円という予算設定はGPUとCPUだけを考えた構成になってしまい、冷却性能は考えていないというのが現状です。

「長時間プレイをしたい。」「熱暴走なくプレイしたい。」といった考えを持っているなら、予算をアップしてGPUとCPUだけでなく、冷却も考えたモデルをするべきでしょう。

高い買い物なので、熱対策をしっかりとして少しでも長くパーツを持つようにする方がコスパで考えると良いと言えます。

冷却性能まで考えられていない

20万円のゲーミングPCともなれば、GPUにGeForce RTX 3060 Tiが搭載可能です。

性能が高く重いゲームもプレイ可能ですが、20万円という予算内では、冷却性能をアップするパーツを搭載するまでには至りません。

長時間プレイするなどパソコンに負荷をかけなければ問題ありませんが、高性能GPUはどうしても発熱量が増えてしまいがちです。

安定してプレイしたいのであれば、筐体を大きくして熱の流動性をあげたり、性能の高いファンや水冷にするなど熱対策も考えてみましょう。

まとめ

15万~20万円のゲーミングノートのおすすめモデルと、使われているパーツとプレイ可能なタイトルなどについて解説しました。

ゲーミングノートの要であるGPUに高性能なパーツを搭載可能で、重いゲームもFHD(1920×1080)」「60fps」でプレイ可能です。

ですが、予算の都合で冷却性能までは手が回らないのが現状です。

熱暴走のない安定したプレイがしたいのであれば、20万以上のゲーミングPCも視野に入れてみましょう。

パソコン工房
LEVEL-M056-117-SAX
パソコン工房
LEVEL-M0P5-R73X-SAX
ツクモ
G-GEAR / GA7J-F211T_CP4
内蔵グラフィック搭載で万が一GPUが故障しても安心。 USB3.1のTYPE-CとAを搭載なので周辺機器の拡張性がアップ。 ミドルタワーとM.2ヒートシンクで冷却性能アップ。
公式HPへ
icon
公式HPへ
icon
公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)