【比較】ノートン360vsZEROウイルスセキュリティ!乗り換えるならどっち?

高性能だと噂のノートン360と軽いと噂のZEROウイルスセキュリティ。どちらにしようか迷ってしまいますよね。

高性能でも激重だったり使いにくいし、軽い方が良いけど性能が悪すぎても嫌です。僕自身どっちが良いのか悩んで2つとも使ってみました。

そこでこの記事では、以下の7項目について比較検証していきます。

  • 価格
  • ウイルスの検出性能
  • ウイルス検出以外の機能
  • 使用可能OS
  • 軽さ
  • 使いやすさ
  • サポート

あなたに合うのはノートン360なのかZEROウイルスセキュリティなのか体験を元に解説します。

いっちー

僕的にはノートン360が良いです。

ノートン公式HPはこちら

「ノートン360」vs「ZEROウイルスセキュリティ」7項目で比較

特徴が分かりやすいように表にまとめました。

項目 ノートン360 ZEROウイルスセキュリティ
価格 4,780円~15,980円 1,980円3,980円
ウイルスの検出性能 良い 普通
ウイルス検出以外の機能 保護者機能が優れている 保護者機能がない
使用可能OS Windows
Mac
Android
iOS
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 軽い 非常に軽い
使いやすさ 人による。僕はどちらも使いにくい。
サポート 平日10:00~19:00 365日10:00~18:00
公式HP
ノートン公式HPはこちら
ZEROウイルスセキュリティ公式HPはこちら

以下より詳細を解説します。

いっちー

それぞれの違いを知って、あなたの好みに合った方のウイルスセキュリティーソフトをご使用ください。

価格

まずは価格から見ていきましょう。

注意
キャンペーン価格の場合は、キャンペーンが終わると価格も変わってくると覚えておきましょう。

注意
ノートン360には、「スタンダード」「デラックス」「プレミアム」の3種類があります。
 
スタンダードには、モバイルが対象ではなく保護者機能もありません。これらの機能はデラックスかプレミアムにあります。
 
デラックスとプレミアムは機能が同じで、使える台数が違うだけです。

1年

年数
台数
ノートン
スタンダード
ノートン
デラックス
ノートン
プレミアム
ZEROウイルスセキュリティ
1年1台 4,780円
1年2台 6,080円
1年3台 7,680円
1年5台 8,280円
2年3台 13,080円
2年5台 15,780円
3年3台 14,480円
3年5台 15,980円
永久1台 1,980円
永久3台 3,980円

価格についてはZEROウイルスセキュリティの圧勝です。

そもそもとしてZEROウイルスセキュリティは、1度購入してしまえば更新料がかからず、ずっと使い続けけることが出来ます。使えば使うほどお得になります。

いっちー

価格だけをみると圧倒的にZEROウイルスセキュリティが安いですが、僕はESETにしました。後述しますが、ウイルス検出の性能や使える機能が全然違うんですよ。

>>ノートン360の詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

ウイルスの検出性能

ウイルスの検出性能は、第三者機関の2020年の評価を元に調査しました。

またウイルスの誤検出の精度も合わせて比較したいと思います。

第三者機関の評価

2020年の第三者機関による評価を以下の表にまとめました。

ノートン360 ZEROウイルスセキュリティ
AV-Comparatives Advanced
(★★)
Advanced
(★★)
AV-TEST TOP PRODUCT TOP PRODUCT
SE Labs AAA 不参加
MRG Effitas 不参加 不参加
VIRUS BULLETIN 100 不参加 不参加

AV-ComparativesとAV-TESTの評価は同じです。★3が非常に良いなので★2は良いという評価になります。

SE Labsにおいてはノートンが非常に良いAAAの評価を受けています。

MRG EffitasとVIRUS BULLETIN 100は両者、SE LabsはZEROウイルスセキュリティが不参加で評価が分かりません。

いっちー

どちらも良いウイルス対策ソフトですが、ノートン360の方がより性能が高いと言えます。

誤検出の少なさ

ノートン360 ZEROウイルスセキュリティ
AV-Comparatives 19 不参加

ウイルスじゃないのにウイルスと検出してしまった数の評価は数値が低い方が優れています。

ZEROウイルスセキュリティはテストに参加しておらず結果が分かりません。ノートン360の方が数が少なく優れています。

ちなみに有名ソフトのESETは1、カスペルスキーは3、McAfeeは9、ウイルスバスターは81という結果です。

いっちー

他のセキュリティソフトと比べるとノートンは良くも悪くもない感じです。

ウイルス検出以外の機能

ウイルス対策ソフトのメイン機能はウイルスの検出です。

ですがウイルスチェックを実行する範囲やネット全般における保護などなど、機能に違いがある事も知っておかなければなりません。

ここではノートン360とZEROウイルスセキュリティの安全機能の違いを比較していきます。

優れている機能
ノートン360 ⇒ 保護者機能
 
ZEROウイルスセキュリティ ⇒ なし

いっちー

それぞれ得意な分野が違います。違いをよく理解してから購入した方が良いですよ。

保護者機能

ノートン360の優れている保護者機能の性能を見るために、第三者機関のAV-TEST2017年7月に実施した調査結果をご覧ください。

機能 評価
フィルタリング精度 97.4%
PC使用時間制限
指定ワード送信制限

カスペルスキーもノートン360(デラックスorプレミアム)は保護者機能が付いていますが、性能に違いがあります。

有害なサイトをブロックするフィルタリング制度はノートン360の方が優れています。

カスペルスキーはフィルタリング性能は落ちますがノートンにない機能のネット使用時間制限とソフトの起動制限が搭載されています。

どちらが良いかというとフィルタリング性能の高いノートン360です。ノートンにない機能は有害サイトから身を守る以外の機能なので、あれば良いかな程度です。

いっちー

フィルタリング機能から、子供をインターネットの危険から守る性能が高いのは、ノートン360(デラックスorプレミアム)の方だと分かりますね。

注意
ノートン360スタンダードは、保護者機能が付いていません。

ZEROウイルスセキュリティに保護者機能はない

ZEROウイルスセキュリティに保護者機能は搭載されていません。

また搭載されている機能においても、それほど性能が良いとは言えません。

>>ノートン360の詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

使用可能OS

カスペルスキー ノートン360
Windows
Mac
Android
iOS

どちらも主要なOSで使用可能です。

いっちー

ただしZEROウイルスセキュリティには保護者機能がありません。

軽さ

軽さを測る基準として、ESETとカスペルスキーの公式サイトの動作環境の数値(スペック)をみました。

この数値が低くても動く方が軽いと推測できるからです。

注意
動作環境にはCPUの数値が書いていなかったので、OS、メモリ、ハードディスクの3つの数値で比較しました。
 
またMacやAndroidの数値も書いてないものがあったので、記述がない個所もあります。ご了承ください。

動作環境

ノートン360 ZEROウイルスセキュリティ
OS Windows7~ Windows7~
OS X v10.13 High Sierra~
Android 4.0~
iOS 9.0~
メモリ Windows 8/7 1GB以上
Windows 10 2GB以上
Windows 1GB以上
ハードディスク Windows 300MB以上 Windows 450MB以上

Windows以外の動作環境が分からないので一概に言えませんが、今回の結果は意外でした。

昔は高性能だけど重いと言われていたノートンですが、低スペックパソコンでも動作するように改良されています。

いっちー

どちらも動作は軽いと言えるでしょう。

使いやすさ

使いやすさに関しては人によって意見が違います。

例えば管理画面が直感で使えるか使えないかについては、ノートンはちょっと使いにくいかも知れません。

ちなみにノートンの管理画面は以下のようなものです。

▲ノートンの管理画面(セキュリティ)

ノートンは大きなカテゴリーとして「セキュリティ」「オンラインの安全性」「パフォーマンス」「その他のノートン製品」となっています。

そして各カテゴリー内にさらに詳しく小カテゴリーが存在します。

セキュリティ内では、「スキャン」「アップデート」「履歴」「詳細表示」となっています。ウイルスチェックに関しては、このカテゴリーさえ見ていれば良い感じです。

その他の大カテゴリーも見ていきましょう。

▲ノートンの管理画面(オンラインの安全性)

▲ノートンの管理画面(パフォーマンス)

▲ノートンの管理画面(その他のノートン製品)

僕的に、ここまでは特に難しいことは無い感じないとは思いますが、デザイン的にちょっと見にくいというか分かりにくいです。

なんというか、まとまりがないというか・・・

次に画面右上の設定をみていきます。

▲ノートンの管理画面(設定)

▲ノートンの管理画面(設定のウイルス対策)

いっちー

設定画面の使いやすさは人によりますが、僕的にはやっぱり、まとまりがないとうかタブの使い方が下手というか、そんな印象を受けました。

次にZEROウイルスセキュリティの管理画面を見ていきましょう。

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(ホーム)

画面上にアイコンが並んでいて分かりやすい感じがしますが、メニュー内容がまとまってないので使いにくさを感じました。

各タブの詳細画像も以下で紹介します。

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(ウイルス検査)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(設定)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(エントリー情報)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(履歴)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(各種ツール)

アイコン自体に複雑さは無いですが、欲しい機能がどこにあるのかがすぐに分からないという問題点があります。

たとえばZEROウイルスセキュリティを使用するためにはアクセスキーの入力が必要なのですが、それはエントリー情報で記述します。

エントリー(参加)して使うって事ですが、普通にアクセスキーの入力とかにして欲しかったです。

他にも「ウイルス対策なのか」「個人情報の保護なのか」「外部アクセス対策なのか」といった事が、カテゴリー分けされていないので分かりにくかったです。

>>ノートン360の詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

サポート

ノートン360 ZEROウイルスセキュリティ
電話 平日10:00~19:00 365日10:00~18:00
チャット 365日24時間受付 365日24時間受付

電話サポートは、平日のみで19:00までのノートン360か、18:00までだけど365日やっているZEROウイルスセキュリティという構図です。

少しでも夜に電話できる方が良いならノートン360、土日祝日でも電話したい方はZEROウイルスセキュリティです。

チャットの対応はどちらも同じです。

いっちー

かなり悩みますが、仕事をしているなら夜遅い時間まで対応してくれるノートン360の方が良いかなって思います。

乗り換えるならどっちを選べば良い?

ノートンは保護者機能が優れています。

お子さんがいて有害なサイトなどから守りたいとお考えの方はノートン360が良いでしょう。

ここで注意しなければならないのは、ノートン360スタンダードやノートン360デラックスではなく、ノートン360プレミアムを購入する事です。

いっちー

プレミアムにしか子供を守る機能が付いていません。

>>ノートン360の詳細をみる

ZEROウイルスセキュリティの良さは価格です。

安くて一応のセキュリティ機能が付いているソフトが欲しい場合に向いています。

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

まとめ

ノートン360とZEROウイルスセキュリティあを比較して違いを解説しました。

保護者機能を最も優先する方はノートンの方が良いでしょう。

とりあえずのセキュリティ機能が備わって格安ならZEROウイルスセキュリティです。

いっちー

何を重視するかをよく考えて、好みに合った方を使ってみてください。

項目 ノートン360 ZEROウイルスセキュリティ
価格 4,780円~15,980円 1,980円3,980円
ウイルスの検出性能 良い 普通
ウイルス検出以外の機能 保護者機能が優れている 保護者機能がない
使用可能OS Windows
Mac
Android
iOS
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 軽い 非常に軽い
使いやすさ 人による。僕はどちらも使いにくい。
サポート 平日10:00~19:00 365日10:00~18:00
公式HP
ノートン公式HPはこちら
ZEROウイルスセキュリティ公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)