【比較】ESETvsZEROウイルスセキュリティ!乗り換えるならどっち?

軽いと噂のESETとZEROウイルスセキュリティ。どちらにしようか迷ってしまいますよね。

価格が安くて軽い方が良いけど、性能が悪すぎても嫌だし・・・、これ実際に僕も悩んで2つとも使いました。

そこでこの記事では、以下の7つの項目について比較検証しました。

  • 価格
  • ウイルスの検出性能
  • ウイルス検出以外の機能
  • 使用可能OS
  • 軽さ
  • 使いやすさ
  • サポート

あなたに合うのはESETなのかZEROウイルスセキュリティなのか経験を元に解説します。

いっちー

僕的にはESETが使いやすくて良かったです。

ESET公式HPはこちら

「ESET」vs「ZEROウイルスセキュリティ」7項目で比較

特徴が分かりやすいように表にまとめました。

項目 ESET ZEROウイルスセキュリティ
価格 4,950円~10,780円 1,980円3,980円
ウイルスの検出性能 非常に良い 普通
ウイルス検出以外の機能 ネットバンク機能が優れている 保護者向け機能がない
使用可能OS Windows
Mac
Android
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 非常に軽い 非常に軽い
使いやすさ 人による。僕はESETの方が使いやすい。
サポート 365日9:00~21:00 365日10:00~18:00
公式HP
ESET公式HPはこちら
ZEROウイルスセキュリティ公式HPはこちら

以下より詳細を解説します。

いっちー

それぞれの違いを知って、あなたの好みに合った方のウイルスセキュリティーソフトをご使用ください。

価格

まずは価格から見ていきましょう。

使用期間
使用台数
ESET ESET(サポート付き) ZEROウイルスセキュリティ
1年1台 4,950円 5,478円
1年5台 7,480円 10,780円
3年1台 5,940円 9,680円
3年5台 7,800円 10,780円
永久1台 1,980円
永久3台 3,980円

価格についてはZEROウイルスセキュリティの圧勝です。

そもそもとしてZEROウイルスセキュリティは、1度購入してしまえば更新料がかからず、ずっと使い続けけることが出来ます。使えば使うほどお得になります。

いっちー

価格だけをみると圧倒的にZEROウイルスセキュリティが安いですが、僕はESETにしました。後述しますが、ウイルス検出の性能や使える機能が全然違うんですよ。

>>ESETの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

ウイルスの検出性能

ウイルスの検出能力は第三者機関の2020年の評価を元に調査しました。

ウイルス検出の性能と誤検出の少なさから、性能が高い方をみていきたいと思いますい。

第三者機関の評価

2020年の第三者機関による評価を以下の表にまとめました。

ESET ZEROウイルスセキュリティ
AV-Comparatives Advanced+
(★★★)
Advanced+
(★★)
AV-TEST TOP PRODUCT TOP PRODUCT
SE Labs AAA
VIRUS BULLETIN 100 100

AV-Comparativesの評価をみると、ESETの方が性能が良いです。

AV-TESTはどちらも同じ評価です。

ZEROウイルスセキュリティはSE LabsとVIRUS BULLETIN 100のテストに参加しておらず評価が分かりません。

誤検出の少なさ

ESET ZEROウイルスセキュリティ
AV-Comparatives 1

ウイルスじゃないのにウイルスと検出してしまった数の評価は数値が低い方が優れています。

ZEROウイルスセキュリティはテストに参加しておらず結果が分かりません。

逆にESETの方が数が少なく優れています。ちなみに有名ソフトのMcAfeeは9、Symantecは19という結果です。

つまりESETはウイルス対策ソフトの中で最も優秀な成績を残しているんです。

いっちー

ウイルスの検出性能も誤検出の低さもESETは優秀です。

>>ESETの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

ウイルス検出以外の機能

搭載されている機能の違いと、ESETが凄く優れている機能の紹介をします。

機能の違い

ZEROウイルスセキュリティは無料または低価格で使えるウイルス対策ソフトですが、使える機能がESETより少ないです。

ここではそれぞれの機能について見ていきます。

ESET ZEROウイルスセキュリティ
マルウェア性能
ランサムウェア対策
ネットバンク保護
フィッシング対策
迷惑メール対策 ×
保護者向け機能 ×
ファイアウォール

迷惑メール対策、保護者向け機能がZEROウイルスセキュリティにはありません。

特に子供がいる家庭なら保護者向け機能が必要です。

いっちー

子供がいる家庭は不正サイトから子供を守らないとダメですからESETの方が優れていると言えます。

ESETの凄い機能

ESETは特に以下の機能が優れています。

  • ネットバンク保護
  • ファイアウォール

ESETのネットバンク保護機能は、ネットバンクサイトにアクセスするとセキュリティーが強化されたブラウザが立ち上がり、キーボードから入力した内容が保護されます。

これにより、IDやパスワード、クレジットカード情報などの個人情報の漏洩を防ぎます。

ファイアウォールは「防火壁」という意味で、外部からの不正アクセスを防ぐ壁として働きます。

外部からのアクセスの他にも、内部から外部への不穏な動きも監視する役割も持っています。

いっちー

ESETはウイルス検出だけでなく、ネットを利用する場面で起こりうる危険から守ってくれます。

>>ESETの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

使用可能OS

ESET ZEROウイルスセキュリティ
Windows
Mac
Android
iOS ×

ESETはiOSで使えないのが最大のネックポイントです。

いっちー

iOSにウイルスセキュリティーの導入を考えている人はZEROウイルスセキュリティ1択となります。

軽さ

軽さを測る基準として、ESETとZEROウイルスセキュリティの公式サイトの動作環境の数値(スペック)をみました。

この数値が低くても動く方が、軽いと推測できるからです。

注意
ZEROウイルスセキュリティの数値がWindowsのみしかしか書かれていない部分があったので、比較が限定的になってしまします。ご了承ください。

動作環境

ESET ZEROウイルスセキュリティ
OS Windows7~
OS X v10.9 Mavericks~
Android 4.1~

Windows7~
OS X v10.13 High Sierra~
Android 4.0~
iOS 9.0~
メモリ Windows 1GB以上
Windows10(64bit) 2GB以上
Mac 512MB以上
Android 512MB以上
Windows 1GB以上
ハードディスク Windows 320MB以上
Mac 150MB以上
Android 20MB以上
Windows 450MB以上

軽さにおいてはどちらもほぼ同じスペックのパソコンで動きます。

僕は2つのソフトを使った事があるのですが、確かにどちらもは非常に軽かったです。

ウイルス対策ソフトはどうしてもパソコンの動作が重くなりがちなのですが、まったく重くなった記憶がありません。

いっちー

どちらも軽いです。

使いやすさ

使いやすさに関しては人によって意見が違います。

例えば管理画面が直感で使えるか使えないかについては、ESETが分かりにくいという人もいますが、僕は使いやすかったです。

ちなみにESETの管理画面は以下のようなものです。

▲ESETの管理画面(ホーム)

左に項目別にタブがあります。

項目は「ホーム」「コンピューターの検査」「アップデート」「ツール」「設定」「ヘルプとサポート」の順に並んでします。

それぞれを詳しく見ていきますね。

▲ESETの管理画面(コンピューターの検査)

コンピュータの検査は、手動で今すぐウイルスチェックする場合にクリックします。

▲ESETの管理画面(アップデート)

アップデートは、最新の定義ファイルにしたい場合にクリックします。通常は触る必要はありません。

▲ESETの管理画面(ツール)

ウイルスチェック以外の保護機能(ツール)があります。特に触る必要はありません。

▲ESETの管理画面(設定)

どんな保護がされているかの確認画面です。保護を一時的に切りたい場合は触りますが、基本的にはノータッチです。

▲ESETの管理画面(ヘルプとサポート)

そのまんまの意味ですね。使い方などで分からない事があったら、まずはここを見てみると良いです。

いっちー

以上でESETの説明は終わりますが、特に難しいことはなかったと思います。

次にZEROウイルスセキュリティの管理画面を見ていきましょう。

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(ホーム)

画面上にアイコンが並んでいて分かりやすい感じがしますが、メニュー内容がまとまってないので使いにくさを感じました。

各タブの詳細画像も以下で紹介します。

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(ウイルス検査)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(設定)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(エントリー情報)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(履歴)

▲ZEROウイルスセキュリティの管理画面(各種ツール)

アイコン自体に複雑さは無いですが、欲しい機能がどこにあるのかがすぐに分からないという問題点があります。

たとえばZEROウイルスセキュリティを使用するためにはアクセスキーの入力が必要なのですが、それはエントリー情報で記述します。

エントリー(参加)して使うって事ですが、普通にアクセスキーの入力とかにして欲しかったです。

他にも「ウイルス対策なのか」「個人情報の保護なのか」「外部アクセス対策なのか」といった事が、カテゴリー分けされていないので分かりにくかったです。

>>ESETの詳細をみる

>>ZEROウイルスセキュリティの詳細をみる

サポート

ESET ESET(パソコンサポート付き) ZEROウイルスセキュリティ
電話 平日9:00~17:00 365日9:00~21:00 365日10:00~18:00
Webの専用フォーム 365日24時間受付 365日24時間受付 365日24時間受付

電波サポートの時間が長いのがESET(パソコンサポート付き)となります。

ESETは通常版でもサポートは付いていますが、パソコンサポート付きバージョンにすると電話対応の時間が延長されます。

Webの専用フォームが好みなら営業時間が長い方が良いです。なぜなら24時間受付ですが返信は営業時間内に行われるからです。

ESET平日9:00~17:00、ZEROスーパーセキュリティ365日10:00~18:00なので、休みがないZEROスーパーセキュリティを選ぶと良いでしょう。

なので電話でサポートを受けたい方はESET、直接のやりとりは嫌なので文字でサポートを受けたい方はZEROスーパーセキュリティが合っていますね。

いっちー

サポートはやっぱり夜までやってる方が安心ですよ!特に初心者の方はあった方が良いです。

乗り換えるならどっちを選べば良い?

僕はESETにしています。

理由はESETとZEROウイルスセキュリティを比べると軽さにおいては大きな性能の差はありませんでした。

ですがウイルスの検出性能と検出以外の機能がESETの方がはるかに優れているので、パソコンを危険から守る為のソフトと考えるとどうしてもZEROウイルスセキュリティでは役不足です。

価格はZEROウイルスセキュリティの方が断然安いですが、ESETもウイルス対策ソフトの中では決して高い方ではありません。

あくまでZEROウイルスセキュリティよりは高いってだけです。ノートンやウイルスバスターなんかは普通に1万円超えてきますからね。

いっちー

ESETは「性能が高い」「動作が軽い」「価格も安い」という特徴があるので、迷わずESETにしました。

>>ESETの詳細をみる

まとめ

ESETとZEROウイルスセキュリティを比較して特徴の違いを紹介しました。

動作の軽さに差はないようですが、ウイルス検出性能、検出以外の機能、使えるOS、サポートの内容などに違いがあります。

ほとんどの面でESETが優れていますが、iOSで使えるのはZEROウイルスセキュリティです。

いっちー

何を重視するかをよく考えて、好みに合った方を使ってみてください。

項目 ESET ZEROウイルスセキュリティ
価格 4,950円~10,780円 1,980円3,980円
ウイルスの検出性能 非常に良い 普通
ウイルス検出以外の機能 ネットバンク機能が優れている 保護者向け機能がない
使用可能OS Windows
Mac
Android
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 非常に軽い 非常に軽い
使いやすさ 人による。僕はESETの方が使いやすい。
サポート 365日9:00~21:00 365日10:00~18:00
公式HP
ESET公式HPはこちら
ZEROウイルスセキュリティ公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)