iphoneの買い替えは毎年?2年?損しな為には下取り価格がキモ

iPhoneを毎年買い替えしたら損か?得か?

僕が検証した結果は、価格だけを見ると「損する事の方が多い」という結果となりました。

具体的にどういった計算方法をしたのか、また価格以外の得する事なども解説していきます。

iPhoneの毎年買い替え!実は損する理由とは?

毎年買い替える事がお得になる前提として、「安く買って高く売る」というのを繰り返さなくてはいけませんが、高く売るというのが難しいのが損する理由です。

iPhoneを安く買うなら、3大キャリア(docomo、au、ソフトバンク)より楽天モバイルが安く買えるので良いのですが、問題は売る方。

よく言われるのが、メルカリ高く売れるからって事ですが、これが実行できない場合が多いです。

少なくとも定価の7割で売れないと損するんですが、実際の買取相場はそれより下。

購入後1年で6割~7割ほどで売れる場合もありますが、半額ほどという取引もありました。

中には高く売れる場合もありますが、ほとんどは安くしか売れない。

ギャンブル要素非常に強く、確実にお得とは言えないです。

実際にどれくらいで売れるのか次のようで解説します。

2年ごとに買い替える方が安定してお得

お得度の計算方法は、「購入価格÷使った年数」で表します。

例えば10万円のiPhoneを5年使ったら、「10÷5=2」で1年間にかかる費用は2万円となります。

この金額が安い方がお得なんですが、3大キャリアや楽天モバイルの2年返却(機種変更)キャンペーンが買取金額も決まっているし、金額も高く買い取ってくれるのでお得です。


3大キャリアの2年返却キャンペーンがお得

3大キャリアの2年返却キャンペーンを利用すると、購入価格がかなり安くなります。

どらいの金額なのかiPhone 12 Pro Maxの価格を紹介します。

ドコモ

128GB 256GB 512GB
定価 142,560円 156,024円 182,952円
2年で返却 95,040円 104,016円 121,968円

au

128GB 256GB 512GB
定価 129,775円 141,850円 166,120円
2年で機種変更 70,495円 77,050円 90,160円

ソフトバンク

128GB 256GB 512GB
定価 129,600円 141,840円 166,320円
2年で機種変更 64,800円 70,920円 83,160円

楽天モバイル

128GB 256GB 512GB
定価 122,800円 137,800円 159,800円
2年で機種変更 61,392円 68,880円 79,896円

かなり安いですよね。

次の項目では、これら「2年返却キャンペーンを利用したキャリアの購入価格」と「AppleWatchで購入+メルカリで売却」を比較していきたいと思います。

iPhoneを毎年買い替えるのと2年ごとに買い替えるのとでは、どちららお得か実際に計算してみたのでご覧ください。

2年返却キャンペーンとメルカリ売却の価格比較

3大キャリアの2年返却キャンペーンの方が安いです。

iPhone 12 Pro Max(512GB)を例にとって解説します。

2年後の返却を条件に販売価格が安くなるシステムですが、最終的な買取価格がドコモ121,968円、au97,060円、ソフトバンク97,200円となります。

最終価格
ドコモ1年間 121,968円
au 97,060円
ソフトバンク 97,200円

2年使ってこの価格なので、AppleStoreでiPhoneを買ってメルカリで高く売った最終価格がこの金額よりも安ければ良いのですが、実際ににどれくらいの価格になるか計算しました。

定価165,880円、メルカリでの販売相場7万~17万です。

17万円で売れればよいのですが、この価格で売れるのは新品未使用の場合。

美品であっても使用したものは11万円前後で売れている方が多いです。

またメルカリは手数料が10%引かれウノで、実際に手元に残るのは10万円くらいです。

16.6万円-10万円=6.6万円

この金額で1年間使用できた計算になります。

これに対して、各キャリアの1年間の使用単価は次の通り。

121,968円÷2=60,984円

97,060円÷2=48,530円

97,200円÷2=48,600円

2年返却キャンペーンを利用した方がお得な計算です。

メルカリであと2万円高く売れたら、毎年買い替えしても良いかもしれませんが、高く売れる保証あはりません。もしかすると、もっと安くしか売れない場合だってあります。

安定して安く使えるのは2年返却キャンペーンの利用という事が分かります。

こんな点にメリットを感じる人は毎年買い替えても良いかも

価格以外の、iPhoneを毎年買い替えるメリットを解説します。

AppleCare+に加入する必要がない

AppleCare+に加入する保証が2年になりますが、iPhoneは標準で本体の保証が1年間付いています。

1年であれば不具合があった場合は無償で修理してもらえます。ただし、自己責任の破損は対象外です。

AppleCare+は価格が高くて、iPhone11 Pro/11Pro以降で22,800円。この金額が必要なくなるのは大きいですね。

バッテリーの劣化を気にする必要がない

バッテリーはだいたい1年で10%くらい性能が落ちるので1年後には最大容量が90%、2年後には80%ってのが目安。

最大容量が減るとバッテリーの持ちが悪くなるので、充電回数が増えたり外出先でバッテリーがなくなるなどの不便が生じます。

1年ごとにiPhoneを買い替えていると、毎年バッテリーが新品になるのと同じなので、全く劣化を気にする必要はないですね。

常に最新の機能を使える

最近は新機能があまり追加されませんが、カメラの性能はアップしています。

色んな場面でスクショして写真保存していると思いますが、鮮明な画像を残すことが可能です。

処理速度が速くなり時短になる

チップの向上は処理速度の向上ですので、0.1秒でも動作が早くなれば使えば使うほど時間を有効に使っていることになります。

僕が毎年買い替えしない理由

目新しい新機能はない

iPhoneが登場して様々な機能が追加されてきましたが、最近のiPhoneは特に新しい機能はないでしょう。

画面が大きさ、カメラの画質、処理速度、ApplePayというように新機能や技術がどんどん追加されていきましたが、日常的に使うには十分に成熟したのではないでしょうか。

旧モデルでも最新OSが使える

安全や使いやすさのためには最新のOSを使いたいのですが、Appleでは5年ほどOSが提供されるので最新モデルじゃなくても問題ありません。

最新OSのアップデートに出来なくなった時が買い替えのタイミングとしても良いかもしれません。

バッテリーは最低2年もつ

出来るだけバッテリーの持ちが良い方が不便じゃないですが、今のバッテリーは性能が良く2年は80%の容量をキープできるように作られています。

なので2年を目安に買い替えをしても良いでしょう。

確実に安くなるキャリアの2年返却

3大キャリアの2年返却キャンペーンを利用すると、購入価格がかなり安くなります。

どらいの金額なのかiPhone 12 Pro Maxの価格を紹介します。

ドコモ

128GB 256GB 512GB
定価 142,560円 156,024円 182,952円
2年で返却 95,040円 104,016円 121,968円

au

128GB 256GB 512GB
定価 129,775円 141,850円 166,120円
2年で機種変更 70,495円 77,050円 90,160円

ソフトバンク

128GB 256GB 512GB
定価 129,600円 141,840円 166,320円
2年で機種変更 64,800円 70,920円 83,160円

楽天モバイル

128GB 256GB 512GB
定価 122,800円 137,800円 159,800円
2年で機種変更 61,392円 68,880円 79,896円

かなり安いですよね。

次の項目では、これら「2年返却キャンペーンを利用したキャリアの購入価格」と「AppleWatchで購入+メルカリで売却」を比較していきたいと思います。

iPhoneを毎年買い替えるのと2年ごとに買い替えるのとでは、どちららお得か実際に計算してみたのでご覧ください。

まとめ

iphoneは毎年買い替えが良いのか?2年買い替えが良いのか?について解説しました。

確実に安く使えるのは、2年ごとの買い替えでキャリアの2年後返却キャンペーンを利用する事です。

appleStoreで購入してメルカリで売る方法も良いですが、メルカリで定価の7割で売れないと損します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)