【比較】マカフィーvsアバスト!乗り換えるならどっち?

パソコンを買うと付いてくる時もあるマカフィーリブセーフ(通称:マカフィー)と世界で4億人が利用してるアバスト。どちらにしようか迷ってしまいますよね。

高性能でも激重だったり使いにくいし、軽い方が良いけど性能が悪すぎても嫌です。僕自身どっちが良いのか悩んで2つとも使ってみました。

そこでこの記事では、以下の7項目について比較検証していきます。

  • 価格
  • ウイルスの検出性能
  • ウイルス検出以外の機能
  • 使用可能OS
  • 軽さ
  • 使いやすさ
  • サポート

あなたに合うのはマカフィーなのかアバストなのか体験を元に解説します。

いっちー

トータルでパソコンを守るならマカフィーが良いです。

マカフィー公式HPはこちら

「マカフィー」vs「アバスト」7項目で比較

特徴が分かりやすいように表にまとめました。

項目 マカフィー アバスト
価格 5,980円~9,980円 無料~12,980円
ウイルスの検出性能 良い 非常に良い
ウイルス検出以外の機能 Thunderbirdで迷惑メール対応 機能が少ない
使用可能OS Windows
Mac
Android
iOS
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 軽い 軽い
使いやすさ 人による。僕はアバストの方が使いやすい。
サポート 365日9:00~21:00 365日9:00~19:00
公式HP
マカフィー公式HPはこちら
アバスト公式HPはこちら

以下より詳細を解説します。

いっちー

それぞれの違いを知って、あなたの好みに合った方のウイルスセキュリティーソフトをご使用ください。

価格

まずは価格から見ていきましょう。

注意
キャンペーン価格は、キャンペーンが終わると価格も変わってくると覚えておきましょう。

1年

使用台数 マカフィー アバスト
プレミアム
アバスト
アルティメット
1台 2,980円 4,980円
10台 3,980円 5,780円
無制限 5,980円

1台で良いのであればアバストの方が安いですが、11台以上で使うならマカフィーの方がお得です。

2年

使用台数 マカフィー アバスト
プレミアム
アバスト
アルティメット
1台 4,980円 7,980円
10台 5,980円 8,980円

マカフィーに2年版がないので比較できません。

3年

使用台数 マカフィー アバスト
プレミアム
アバスト
アルティメット
1台 5,480円 10,980円
10台 6,980円 12,980円
無制限 9,980円

3年版は、1台で使うのであればアバストプレミアムが安く、2台以上で使うならマカフィーの方がお得です。

いっちー

ただし価格だけでウイルス対策ソフトは決めない方が良いでしょう。ウイルス検出の性能や使える機能で選ぶ方が良いですよ。

>>マカフィーの詳細をみる

>>アバストの詳細をみる

ウイルスの検出性能

ウイルスの検出性能は、第三者機関の2020年の評価を元に調査しました。

またウイルスの誤検出の精度も合わせて比較したいと思います。

第三者機関の評価

2020年の第三者機関による評価を以下の表にまとめました。

マカフィー アバスト
AV-Comparatives Advanced
(★★)
Advanced+
(★★★)
AV-TEST TOP PRODUCT TOP PRODUCT
SE Labs AAA AAA
MRG Effitas 不参加 不参加
VIRUS BULLETIN 100 不参加 100

AV-Comparativesの評価はアバストの方が優れています。

AV-TESTとSE Labsの評価は同じです。

MRG Effitasは両者参加せずです。

VIRUS BULLETIN 100はマカフィーが参加していないので比較できませんが、アバストは良い評価を得ています。

いっちー

アバストの方が優れていると言えますね。

誤検出の少なさ

マカフィー アバスト
AV-Comparatives 9 15

ウイルスじゃないのにウイルスと検出してしまった数の評価は数値が低い方が優れています。

これをみるとマカフィーの方が数が少なく優れています。ちなみに有名ソフトのESETは1、Symantecは19という結果です。

アバストはマカフィーには負けますが、それほど悪いという訳ではありません。

いっちー

誤検出が少しありますが、ウイルス検出性能の高さからアバストの方が優秀だと分かります。

ウイルス検出以外の機能

ウイルス対策ソフトのメイン機能はウイルスの検出です。

ですがウイルスチェックを実行する範囲やネット全般における保護などなど、機能に違いがある事も知っておかなければなりません。

ここではマカフィーとアバスト安全機能の違いを比較していきます。

いっちー

それぞれ得意な分野が違います。違いをよく理解してから購入した方が良いですよ。

アバストは機能が少ない

アバストは無料または低価格で使えるウイルス対策ソフトですが、使える機能がカスペルスキーより少ないです。

カスペルスキー アバスト
マルウェア性能
ランサムウェア対策
ネットバンク保護
フィッシング対策
迷惑メール対策 ×
保護者向け機能 ×
ファイアウォール

迷惑メール対策、保護者向け機能がアバストにはありません。

特に子供がいる家庭なら保護者向け機能が必要です。

いっちー

子供がいる家庭は不正サイトから子供を守らないとダメですからカスペルスキーの方が優れていると言えます。

マカフィーは迷惑メール対応のメーラーにThunderbirdがある

メールソフトの対応状況は次のようになっています。

ウイルスメールではなく迷惑メールの対応状況です。

アバスト マカフィー
Microsoft Outlook 2003~2016
Microsoft Outlook Express( Windows メール )
Microsoft Outlook 2010~2019
Thunderbird 38.0 以降

対応している数が多いのはESETですが、Thunderbirdに対応しているのはマカフィーです。

ご利用のメールソフトが対応しているか確認しましょう。

いっちー

Thunderbirdに対応しているソフトは、僕が知っている限りマカフィーだけです。

注意
「迷惑メール対策」と「メールのウイルスチェック対策」は別物なので混同しないようにしましょう。
 
メールのウイルスチェック対策にメールソフトの違いは関係ありません。ESETもマカフィーもメールのウイルスチェックはしてくれます。

>>マカフィーの詳細をみる

>>アバストの詳細をみる

使用可能OS

マカフィー アバスト
Windows
Mac
Android
iOS

どちらも主要なOSで使用可能です。

ただしiOSで使う場合、マカフィーは不正サイトブロック機能がなく、アバストは盗難防止機能と保護者機能がありません。

いっちー

どちらの機能が必要かを検討しましょう。

軽さ

軽さを測る基準として、マカフィーとアバストの公式サイトの動作環境の数値(スペック)をみました。

この数値が低くても動く方が軽いと推測できるからです。

注意
動作環境にはCPUの数値が書いていなかったので、OS、メモリ、ハードディスクの3つの数値で比較しました。
 
またAndroidの数値も書いてないものがあったので、記述がない個所もあります。ご了承ください。

動作環境

マカフィー アバスト
OS Windows8~
Mac OS 10.15~
Android 4.2~
iOS 10~
Windows7~
CPU Windows(1GHz以上)
メモリ Windows 1GB以上
ハードディスク 500MB以上 Windows 2GB以上

比較項目が上手くかみ合わず、はっきりとした比較ができません。

ただし主要ウイルス対策ソフトの全動作環境をみてみると、マカフィーもアバストも軽いという結果になります。

非常に軽い訳ではないですが、重たいというわけでもありません。

いっちー

最近のウイルス対策ソフトは軽く出来ています。その中で、より軽くする努力が企業側で行われています。

使いやすさ

使いやすさに関しては人によって意見が違います。

例えば管理画面が直感で使えるか使えないかについてですが、アイコンがあった方が分かりやすいという人もいます。

ちなみにマカフィーの管理画面は以下のようなものです。

▲マカフィーの管理画面(ホーム)

上のタブは「セキュリティ」「パソコンの最適化」「プライバシー」「アカウント情報」となっています。

ESETと比べ大きな違いはメニュータブが左か上の違いです。またマカフィーはシンプルさが無くごてごてしている感じなので、個人的には好みではありません。

マカフィーの管理画面は、まとまり感が無いって感じです。

各項目も紹介しますね。

▲マカフィーの管理画面(セキュリティ)

▲マカフィーの管理画面(パソコンの最適化)

▲マカフィーの管理画面(プライバシー)

▲マカフィーの管理画面(アカウント情報)

▲マカフィーの管理画面(有効機能の確認)

いっちー

簡単に使いたいってのがあるので、マカフィーは僕の中で無しってなりました。

次にアバストの管理画面を見てみましょう。

▲アバストの管理画面(ステータス)

現在のパソコンの状態を表示しています。

▲アバストの管理画面(プロテクション)

読んで字のごとく、守る項目がここで表示されています。

▲アバストの管理画面(プライバシー)

プロテクション以外の、個人データに特化した項目がここで表示されています。

▲アバストの管理画面(メニュー)

右上のメニューにはアクティベートコードの入力、設定、支払い情報などセキュリティー以外の項目があります。

いっちー

僕的には、作りとか色味とかが好きな感じの管理画面で、使いやすさもマカフィーより良いです。

注意

ちょっと気になる記事を見つけました。2019年終わりから2020年初め頃に公になった情報ですが、アバストの子会社は過去7年間も使用者の情報を収集していたというものです。
 
この件では、アメリカの上院議員と調査したジャーナリストがアバストに責任を問うています。
 
悪いものから守ってくれるウイルス対策ソフトなのに、ちょっと信用が出来なくなってしまいました。
 
参考 Avastのスキャンダル:AvastとAVGの推奨をやめた理由SafetyDetectives

参考 Avast Softwareがユーザーの個人情報を収集していた子会社の業務停止を決定Gifazine

>>マカフィーの詳細をみる

>>アバストの詳細をみる

サポート

マカフィー アバスト
電話 365日9:00~21:00 365日9:00~19:00
チャット 365日24時間受付
メール 365日24時間受付

いっちー

サポートはマカフィーの方が対応時間も長く優秀です。

乗り換えるならどっちを選べば良い?

ウイルス検出性能だけをみるとアバストですが、総合的にマカフィーの方が良いです。

またアバストは過去に個人情報を収集していたという事件があったので信頼に欠ける結論となりました。

マカフィーはアバストと比べ少しウイルス検出能力は落ちますが、一通りの機能が搭載されているのでアバストよりも漏れなくパソコンを守ってくれます。

マカフィーは使用台数が無制限というメリットもあります。

いっちー

必要な機能が搭載されていて低価格、さらに台数無制限で利用できるのが魅力です。

>>マカフィーの詳細をみる

事件があったり搭載されていない機能があるアバストですが、とりあえずウイルス検出をしたいという方には良いでしょう。

その場合は有料版ではなく無料版にするとお得です。

無料版はかなり機能が制限されますが、ウイルスチェックだけしたいって方には無料でも十分です。

>>アバストの詳細をみる

まとめ

アバストとマカフィーを比較して違いを解説しました。

沢山のパソコンで利用する場合や、安く一通りのセキュリティ機能が欲しい方はマカフィーです。

無料でウイルスチェックだけしたい方はアバストです。

いっちー

何を重視するかをよく考えて、好みに合った方を使ってみてください。

項目 マカフィー アバスト
価格 5,980円~9,980円 無料~12,980円
ウイルスの検出性能 良い 非常に良い
ウイルス検出以外の機能 Thunderbirdで迷惑メール対応 機能が少ない
使用可能OS Windows
Mac
Android
iOS
Windows
Mac
Android
iOS
軽さ 軽い 軽い
使いやすさ 人による。僕はアバストの方が使いやすい。
サポート 365日9:00~21:00 365日9:00~19:00
公式HP
マカフィー公式HPはこちら
アバスト公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)