としまえんの閉園日はいつ?跡地はハリーポッター?理由や庭の湯どうなる?

東京都練馬区にある遊園地の「としまえん」が、段階的に閉園すると話題になっています。

僕はNHKのニュースで知ったのですが、大正15に開園して90年の歴史がある遊園地に何があったんだと思いました。

この記事では、としまえんの閉園について解説いたします。

としまえんの閉園日はいつ?

まだ確定した閉園日の情報はありませんが、2023年の春ごろをめどに、ハリーポッターがオープンするようです。

2023年春をめどに東京都内にオープンさせることが分かった。都市型遊園地「としまえん」(東京都練馬区)が今年以降に閉園した後、ワーナーが跡地の一部に建設する計画だ。
引用:読売新聞

建設に掛かる時間により、閉園の日程が組まれると思います。少なくとも1年は工事すると思いますので、遅くとも2022年、早ければ2021年には閉園する可能性があります。

いっちー

としまえんで遊べるのは、今年1年だけかもしれませんね。

また閉園までの営業時間に変更があるのか、公式HPで確認したところ、今の時点では変更はないようです。

もしかすると変更になる可能性も考えられるので、閉園までに行っておきたいと思う方は、としまえんの「営業日カレンダー」で確認してから、おでかけする方が良さそうですね。

閉園跡地はハリーポッターになる?

現在、としまえん閉園跡地に何が出来るかは、2つのプランで交渉されているようです。

  • 災害時の避難場所にもなる大規模な公園
  • ハリー・ポッターのテーマパーク

災害時の避難場所にもなる大規模な公園

跡地のほとんどの部分は東京都が買収して、災害時に避難場所にもなる大規模な公園を整備するとされています。

実は、としまえんの整備計画は2011年に既にあって、東京都が10年以内に土地買収の交渉をする方針でした。

ですが、としまえんを運営する西部ホールディングスは当時、閉園する予定はないと話していたので、交渉は難航していたのでしょう。

いっちー

それが今になって話が具体的になったようですね。

ハリー・ポッターのテーマパークー

公園を整備した残りの部分に、ハリーポッターのテーマパークが建設に向けて交渉されています。

こちらは買収ではなく、土地を借るという形をとります。

ハリーポッターといえばUSJを思い出しますが、としまえんのハリーポッターはUSJのようなアトラクション型ではなく、スタジオ型の施設が検討されています。

ロンドンの施設を参考にしていて、その施設の特徴は以下のものです。

  • 魔法学校のホール・商店街・鉄道などのセットを散策
  • 魔法のつえなど小道具の展示

いっちー

USJとは違ったハリーポッターが見れそうですね。

庭の湯は閉鎖される?

現在、庭の湯がどうなるかといった情報はありません。分かり次第お伝えいたします。

としまえんには以下の施設があります。

  • 乗り物などのアトラクション
  • プールやウォータースライダー
  • スケートリンクや釣堀
  • 庭の湯
  • 動物と触れ合える場所

プールは閉鎖になるのが決定しています。また大規模公園ということで、乗り物などのアトラクションは全て公園になると予想できます。

公園とハリーポッターに温泉だけあるのは、僕的に全く問題ないのですが、運営の西武さんがどういう判断をするかですね。

としまえんが閉園の理由

どのニュースをみても、明確な理由はなかったので、考えられる理由を2つ解説します。

入園者数の減少

やはり最初に考えられるのは、入園者数の減少でしょうか。

としまえんの入園者数をみてみましょう。

年度 入園者数
2001 153万人
2002 149万人
2003 129万人
2004 132万人
2005 124万人
2006 107万人
2012 105万人
2013 104万人
2014 103万人
2015 103万人
2016 96万人
2017 96万人
2018 93万人
2019 112万人

2019年には前年度を120.5%の伸びを示していますが、それ以前の状態をみると右肩下がりです。

東京都から土地買収の話が出たのが、2011年ですが、その当時はまだ100万人を割っておらず、頑張って盛り返そうという気持ちがあったのだと推測します。

ただ近年の落ち込みをみると、10年20年前の水準には難しいのではないかと判断して、今回の交渉になったのかもしれません。

プール事故

2019年のプールでの死亡事故が、閉鎖の理由かなと噂になったようですが違うようです。

閉園に反対?!世間はとしまえんをどう思ってる?

▲地元の方でしょうか。ミラーハウスタイムアタックが出来なくなるのは悲しいですよね。

やっぱり思い出の場所っていうのは、特別な場所なんで、そこにいるだけで優しい気持ちになれますよね。ハリポタが悪いわけじゃないですが、その気持ち共感します。

▲これぞメリーゴーランドといった風格のあるエルドラド。正式名称は、カルーセルエルドラドと言うらしいですね。

機械遺産にも認定されていて、歴史的にも価値のあるものです。としまえんが閉園するとしても、この貴重な遺産はどうなってしまうのか気になります。

映画に出てきそうなレトロなメリーゴーランドだし、メルヘンな雰囲気があるのも味があります。100年以上の歴史がある持つ世界的

▲思い出のある方からすると、ハリポタはあまり人気がないようですね。しかし鬼滅の遊園地とは面白いです。

ところで無限城というのを知らないのですが、僕はアニメで見てるので、まだ1期目です。漫画では話が進んでいるようですね。

鬼滅の刃はつまらないという人もいるようですが、僕は最高に面白かったのでおすすめです。としまえんから話がそれましたね(笑)

としまえんの割引料金!お得に入園する方法

僕はまだ、としまえんに行った事がないので、閉園されるまでに1度は行きたいと思っています。

いっちー

ただ入園料が高いのが、ちょっとネック。

・・だったんですが、駅探バリューDaysというサービスを使うと、57%割引でチケットが購入できます。(4.300円 >> 1,830円

月額330円(税込)がかかりますが、としまえん以外にも沢山のレジャー施設が割引になってお得です。

使ってみて必要なくなったら退会すればよいし、退会手数料もかかりません。

駅探バリューDaysの詳細をみる

まとめ

としまえんの閉園について解説してきました。

90年の歴史ある、としまえんが閉園になってしまうのが悲しいですよね。2023年の春ごろには、ハリーポッターのスタジオ型の施設が完成する見通しです。

庭の湯ががどうなるかは、まだ未定ですが個人的には残して欲しいです。

としまえんが閉園する確かな理由は分かりませんが、2001年から入園者数は右肩下がりになっていて、経営悪化が理由かもしれません。

新しい情報が入りましたら、追加でお伝えいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です